おすすめ第二新卒の転職エージェント

【転職不可】45歳以上リストラの対象になった時の対処法

最近のニュースで富士通が45歳以上をリストラ対象にして首切りを始めました。

このことからも終身雇用なんてもはや信じられない時代に突入しました。

しかし、45歳の年齢になってリストラされたらその後はどうやってお金を稼ぐのでしょうか?

アラフィフを新規で雇う会社はスキルや扱いにくさの観点からほとんどありません。無駄な人件費と見なされてしまいます。

そこで今回は45歳以上でリストラにあったサラリーマン2人にその後の状況と転職事情をインタビューしてきました。

おすすめの読み方は45歳以上でリストラにあった場合の対処法などを想像しながら見てもらえると危機感を抱くと思います。

45歳以上がリストラの対象に理由

45歳以上がリストラになる理由は賃金が割高、かつ最新のIT技術に疎いからです。

要するに使えない人材なのに給料が高いからコストとしては真っ先に切るべき対象だということです。日本の大部分の企業はまだ年功序列で給料や役職が上がるところが多いです。そのため、たいしてスキルや知見もないにも関わらず年収1000万円ほどのお給料をもらっているのです。

また、デジタルトランスフォーメションの時代にITに疎い世代がちょうど40代以上の従業員です。彼らの時代にはITを使ってサービスを考えると言う習慣がなかったため今更勉強をしたところでITリテラシーの高い20代をたりように雇った方が効果的なのは自明です。

これを踏まえて経営コンサルタントの中沢光昭氏による発言もおじさん世代には辛辣だと思います。

構造改革を図る上では、社員に新しいビジネスモデルに順応してもらう必要があります。40代前半までならまだポテンシャルにも期待できますが、45歳以上にもなると、伸びしろは望めないですし、新しい職種への配置転換を迫られても対応できない。柔軟性に欠ける45歳以上はさっさと切ってしまいたいというのが企業の本音です

参照:https://nikkan-spa.jp/1569100

やはり40代は企業にとって重荷になる世代です。特に財務、英語、ITの3点スキルセットを持ち合わせていない人材だと間違いなくリストラ候補になるでしょう。富士通だけでなくNEC・コカコーラの大手メーカのリストラが続々と行われてきています。

45歳以上でリストラ宣告された場合の対処法

もしあなたが45歳以上の年齢でその会社一筋で働いてきた会社にクビ宣言されたらそうしますか?

選択肢は2つあります。その企業になんとしても残り続けるか早期退職で多めの退職金をもらって会社をやめるか。

もし、会社に残り続けることを選んだ場合間違いなく窓際に追いやられて大した仕事をもらえないでしょう。日々雑用を淡々とこなして味気ない会社員生活を65歳まで続けることになります。

会社の後輩や同僚からは冷たい目で見られるばかりでなく、働いている感がまったく感じずに自主退職する流れが相場です。

そのため、私は早期退職することが最適だと考えています。

早期退職のメリットは多めの退職金がもらえるだけでなく、定年までの残りの時間は十年以上もあるので新たなスキルを身につけるには十分な時間です。そのため、退職後3ヶ月程度の勉強期間を設けてITを学んだりプロジェクトの管理方法を習得し、ベンチャー企業のマネジメント職に転職するのも王道です。

またバックオフィスなどでの事務作業などは若手よりかは経験豊富な40台を求めている会社が多いです。

45歳以上の転職先まとめ

45歳以上の転職先はバックオフィス系の職種や海外展開する会社のマネジメント職や海外営業が多いです。

もっとも40代の強みはチームを率いたマネジメント経験やその業界の深い知見を有しているので対クライアント営業やプロジェジェクトマネジメントに優れている可能性が高いことです。

また、バックオフィスなどのコーポレート業務において人事部長や経理部長などの職も人気です。

しかし、45歳以上の転職を成功される大前提として財務、英語、ITのスキルセットを持ち合わせていることです。ただ単純に企業にしがみついていたようなビジネスパーソンは転職はできないと思ってもらって構いません。リストラされる前に十分にスキルや資格を身につけておくことが最善なのです。

もし、45歳以上で自分がスキルがないと感じる場合、中小企業診断士やITストラテジストなどの資格を取得するのもありです。特に中小企業診断士は個人でも稼げる資格ですので八方塞がりを打開する最終兵器と言えます。

45歳以上におすすめな転職エージェント

45歳以上は20代や30代で使用してきた転職エージェントをそのまま使用してはいけません。なぜなら40代の転職に強い転職エージェントが他に存在するからです。一般的な転職エージェントは若い世代を対象にしている企業案件しかもっておらず40代50代の転職を全面的にバックアップするような体制がない場合が多いのです。

私が45歳以上で転職に成功した人達に使用した転職エージェントを聞きました。その結果は次の通りです。

これらのエージェントは全て登録しておくことをおすすめします。転職エージェントによって紹介できる企業の幅や種類が異なるからです。特に、リクナビはベンチャーから大手まで豊富な求人を有しています。私が45歳以上で転職を成功させた人の大部分はリクナビNEXT経由でした。

転職を考える前に自分の市場価値を測定しよう

まず転職を考える前に一度自分自身のキャリアを振り返って市場価値を考える必要があります。スキルの棚卸しをすることで自分の強みと弱みを把握できるので残りのキャリアで効率よく稼げる方法が見つかると思います。

たとえば、今まで営業が得意だったのにも関わらず転職でいきなり経理になっても強みが発揮できず毎日が辛い会社生活を送ることになってしまいます。年下から知識がないと思われ、ぞんざいに扱われるのは楽しくないですよね。そして自身の強みを活かして転職の方が仕事にやりがいが持てるだけでなく年収も一定かそれ以上になる可能性があります。

そのため、まずは自身の市場価値をスキル面から計測して見ましょう。

ちなみに、簡単に自分の市場価値が年収ベースででるサービス「MIIDAS:あなたの市場価値を年収ベースで試算」と「VIEW – 日本初AIキャリアシミュレーション」があるので無料なのでぜひ使って見てください。

ちなみに私はMIIDASの試算だと年収750万円ですが実際は820万円なのでおおよそあっているかと思います。

また、市場価値を計算してくれるだけでなくその価値に応じてお勧めの転職先を提示してくれます。

使わない手はないでしょう。