就活

彼女(彼氏)を否定ばかりする心理と対処法3選。別れるべき?付き合うべき?

一般的に理想的な恋人との関係といえば、お互いの良いところも悪いところも認めて尊重し合う、という関係が思い浮かぶのではないでしょうか?そもそも恋人である以前にひとりの人間としてお互いを尊敬することを忘れてしまってはどんな相手とも良好な関係を築くことは難しくなりますよね。

しかし、世の中には恋人というと関係でありながら、もしくは恋人という関係だからこそ、相手にダメ出しや注意ばかりしてしまう人も少なからず存在しています。今回はそんなダメ出しばかりしてくる恋人の心理や対処法について紹介します。

否定する彼氏・彼女は私のことが嫌い?

いつも自分の意見が否定されてばかりだと自分が嫌われているのではないか?と思ってしまいます。そんなにダメ出しばかりするほど気に入らないなら別れれば良いのに、と思う人もいるでしょう。

しかし、彼氏・彼女があなたを否定し注意し続けているのには理由があります。その理由を大きく分類3つあります。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 相手を否定したい
  2. 相手のことを思っているけど素直になれない
  3. 否定する側が切羽詰まっていてストレス下にいる

[/list]

②や③の場合は話し合いやコミュニケーション不足を補うことで解決できる可能性がありますが、①の場合は関係性を修復するのがより難しくなります。もちろんこれらの理由が混ざり合った複雑なパターンもあります。

まずは、否定してくる彼氏・彼女の心理を知らないと無駄な別れに発展してしまったり、一方で我慢してパートナーのストレス発散のサンドバックになってしまいます。

注意ばかりする彼氏彼女の特徴・心理とは?

いつも否定してくる彼氏・彼女はなぜダメ出しする心理、理由、ダメだししがちな人の特徴を紹介します。

素直に直して欲しい所がある

とてもシンプルな理由として相手に直して欲しいところがあるからダメ出しをする、という理由があります。

彼氏・彼女と一緒に過ごす時間が長くなると小さな違和感でも直して欲しいと思うことが多くなります。

例えば「お菓子を食べたゴミはすぐに捨てて欲しい」、「ベッドに靴下で上がらないで欲しい」、「脱いだ服はは洗濯カゴに入れて欲しい」、などです。こだわりの無い人にとってはどうでも良い事かも知れませんが、気になる人には譲れないポイントです。

そのようなポイントが多いとダメ出しが多くなり注意されてばかり、という印象になってしまいます。

また、一緒に行動する機会が増えると相手のマナーも目につくようになります。店員さんへの態度が横柄だったり、公共の場で声が大きかったりとマナーの悪い人と一緒にいることで自分自身が恥ずかしい思いをした、するかも知れない、という心理から頻繁に注意をするようになることもあります。

自分好みにしたい

彼氏・彼女がダメ出しばかりしてくるのは、もっと自分好みの女性・男性にしたいという心理の表れであることがあります。この特徴が行き過ぎると付き合った相手を自分の所有物のように扱う可能性もあります。

もちろん、人はそれぞれ理想があるので自分の彼氏・彼女に対して自分好みになって欲しいと思うのは当然の心理かも知れません。中にはどこを変えたら理想に近づくのかはっきり注意してもらった方が不満を溜め込まれるより楽、と思う人もいるのでダメ出しを不快に思うかどうかは相性の問題が大きいのも特徴です。

しかし、相手には相手の人格があるということを忘れ一方的に自分好みのイメージを押し付けるだけでは不快に感じる人が多いのも事実です。今のままの自分は好かれていないのだろうか、と不安にさせてしまう場合もあります。

自分好みにしたいために彼氏・彼女に注意ばかりする人は相手との心理的な距離が近く、自他の境界があいまいであるという特徴があります。

相手のためだという思い込みで

なぜそんなに彼女・彼氏にダメ出しばかりするのか、と聞かれると「相手のためを思って」と答える人がいます。この返答は相手にダメ出ししてばかりであることへの言い訳のようにも聞こえますが、本気でそう思い込んでおり悪気がない場合も多いです。

相手のことを思って否定する心理はダメ出しをする事で相手が成長すると思い込んでいることが特徴です。

そのため、あらゆることに対してダメ出しをします。ダメ出しすることが相手を向上させると信じ切っているので彼女・彼氏のしてくれたことを認めるよりも不足しているところを探して注意することにエネルギーを注いでしまいます。このタイプの人はむしろ褒めることは相手の成長の妨げになるとさえ思っているという特徴もあります。

例えば彼女・彼氏が自分のためにプレゼントを用意してくれた時、まずは感謝を示すのが一般的な対応ですが、このような特徴のある人は感謝や労いを飛ばしていきなりダメ出しのポイントを見つけて注意します。「これ私の好みの色と違う」「サイズあってないからいらない」「悪趣味だね」など。この発言を悪気なく善意でしてしまうのです。

さらにこの特徴がエスカレートすると注意することで相手をコントロールしようとする自体に陥ってしまいます。それに気づけないと全ての行動の目的が彼氏・彼女にダメ出しされないことになり依存している状態に陥り別れることすらできなくなってしまいます。

依存に陥ると自己肯定感がひどく低下してしまうため、ダメ出しをされるのは自分が至らないせいで今の彼氏・彼女以外に認めてくれる人は誰もいないと思い込みさらに深く依存してしまいます。このような心理状態はとても不安定で危険です。

また、女性に多いのが特徴的なのが彼氏に小言を言いすぎて恋人のはずなのにまるでお母さんと息子のような関係がになってしまうパターンです。

どんな関係であってもお互いが納得しているのであれば問題ありませんが、注意されるというのはした側が思っているよりもずっと相手を傷つけてしまうのです。相手のためを思って注意ばかりしていたら嫌われて破局した、というのもよくある話です。

自分が優位に立っていると思いたい

彼氏・彼女にダメ出しばかりしてしまう人の特徴として、「自分が相手より優位に立ちたい」という心理が考えられます。彼女・彼氏の良くないところを見つけて注意していれば、まるで自分が偉くなったようなに錯覚します。

これは自覚のある場合にもない場合にも起こりうることです。自覚のある場合には彼氏・彼女より優位でいたいという心理によりあえて粗探しをしてダメ出ししようとします。つまり、相手を無理やり下に見ることによって自分の立場を優位にしようとしているのです。

ではなぜ、そこまでして自分が優位に立ちたいと思うのでしょうか?その原因として考えられる心理を紹介します。

否定する彼氏・彼女本人がプライドが高い割に自分自身に自信がないという心理状態であることが考えられます。プライドゆえにその自信のなさをそのまま表現することができないという特徴があります。身近な相手である彼氏・彼女の悪いところを見つけ出し注意することでしか自分の自信を保つことができないためダメ出しをやめることができません。

自分を優位に立たせるために彼氏・彼女を否定する人の末路は大事なパートナーを失うだけでなく、他人を否定することでしか自分を保てない自己肯定感が著しく低い人になってしまいます。この場合、たいてい仕事もプライベートもうまくいかず、最終的には芸能人のアンチとなってSNSに悪口を書くことを好んでしまいます。

彼氏彼女自身がネガティブ思考な人

本人の心理状態に関わらず根本的にネガテイブ思考な人もいます。ネガテイブ思考の人の特徴として、常になにかを否定したいという面があります。テレビ番組や芸能人、料理、SNSなどすべてのものが対象です。もちろん彼氏・彼女もその対象になってしまうのでいつもダメ出しされてばかりという印象を受けるでしょう。

そして、このネガテイブさがさらに悪影響を及ぼす特徴的な例が、相手の夢や努力すら否定するところです。希望を持ってがんばろう!と張り切っている時にそんなのできるわけない、無理だからやめなよなどと言われたら一気に萎えてしまいます。

もともとネガテイブ思考な人と付き合うと明るい気分で過ごせる時間がとても少なくなります。自分は直接ダメ出しをされていなくても常に周りの何かを否定し、注意できるすきを窺い愚痴や文句をいい続けているからです。

彼氏彼女に否定ばかりされた時の対処法

では実際に自分が彼氏・彼女にダメ出しや注意ばかりされていると感じた時はどのようにすれば良いのでしょうか。それぞれの否定する心理の特徴に合わせた対処法の例をいくつか紹介します。

なぜダメ出しばかりするのかその理由を尋ねる

まずは、なぜ注意ばかりするのかその理由を聞いてみましょう。無意識に注意を繰り返す特徴のある彼氏・彼女に対して理由を聞くことは自分が相手を注意ばかりしていた、と気づくきっかけになります。

聞く時には「ダメ出しされてばかりだと傷つくんだけど、どうしてそんなに注意するの?」などと自分が傷ついていることを伝えた上で質問しましょう。彼女・彼氏は自分のした注意が相手を傷つけているとは思っていないパターンも多くあるので改めて話し合うことでその感覚のズレを認識できます。否定的な態度を改善できるようであれば関係を修復できる可能性が高いので早めに話し合いの機会を作りましょう。

ストレスを感じない程度に受け流す

次は話し合いで解決が難しそうな特徴のある場合の対処法です。冒頭の分類で示した①の特徴があるタイプがメインになります。ダメ出しをしている自覚はあるがやめる気もないという特徴のある人が彼氏・彼女の場合は注意の内容は特に気にせず聞き流しましょう。

受け止めて直したとしても必ず別の部分から探して注意をしてくるのでいちいち気に留めていてはキリがないからです。彼氏・彼女の意味のないダメ出しに気を取られるより自分の趣味を充実させたり、友達とご飯に行ったりして有意義な時間を過ごしましょう。

しかし、注意の内容を聞き流したとしてもダメ出しそのものはやはりストレスの原因です。聞き流してもストレスを感じてしまうようであれば別の手段が必要です。ストレスを感じている心理の時に否定されたらいつも以上に辛くなってしまう可能性もあります。ストレスを溜めないことを最優先に考えましょう。

注意を受けても断固として聞き入れない

こちらも①の特徴を持つパターンに関してですが、いくら注意されても私は変わらない、ということを態度で示しましょう。時にははっきり言葉にして断りましょう。ダメ出しされた不満を心に溜め込んでおくのはどんどん心理状態を悪くしてしまいます。

どんなに注意してもムダだ、と思わせるくらいの勢いが大切です。彼氏・彼女に注意してばかりの人の特徴として、相手が反撃してこないから何を言っても良いと思っている可能性すらあるのです。

聞き流すだけでは相手への影響がなく、解決には至りません。彼氏・彼女にどのくらい伝わるかは人によって違いますが、ただじっと我慢するよりは良いです。

どうしてほしいのか具体的な策を聞く

もし、彼氏・彼女が本当に困っていて注意をしているとしたら良い関係を築くためには言われた側が直さなくてはいけません。冒頭の③の特徴のある場合が当てはまります。

ダメ出しばかりするから酷い!と決めつけずに具体的にどうして欲しくて注意しているのか聞いてみましょう。もし本当に困っている場合であれば、具体的な解決策を提案してくるでしょう。それが実現可能かは別問題ですが、話し合う価値はあります。

一方で①の特徴のある場合、否定することそのものに意味があると感じているので具体的な解決策を提案することは難しいでしょう。見下して優位に立ちたいという心理だけでダメ出しを繰り返している人は解決策を求められて驚きます。

まずは彼氏・彼女のダメ出しがどの特徴を持つのかを見極めるためにも具体的にどうしたら良いかを聞く、というのは有効です。

彼氏彼女と別れたいと考えた時

いつもダメ出しばかりしてくる彼氏・彼女の心理を考えたり対処法を試したり色々しても、無理なものは無理です。貴重な人生の時間やエネルギーを自分に悪影響を及ぼす彼氏・彼女に割いてしまうのは本当にもったいないことです。大切な人生を無駄にしないために見切りをつけたなら1分でも早く別れましょう。

楽しいことよりも辛いことの方が多くストレスを感じる場合は別れた方が得策

別れた方が良いのはわかっていても現時点で付き合っているということは少なくとも一度はその彼氏・彼女のことを好きだったことがあるのでしょう。

その気持ちや相手に費やした時間を無駄にしたくないという心理が働き別れるのを躊躇ってしまうこともあります。心理学的には損失回避と現状維持バイアスがあります。

しかし、そこは強い気持ちを持って自分を大切にするならどの選択が正しいのか考える必要があります。注意されて傷ついたりイライラすることと、一緒にいて楽しいと思えることのどちらが多いでしょうか?もし、楽しいことが少ないなら、そんな彼氏・彼女と一緒にいてあげる必要はありません。

一度注意されたことがトラウマのようになり、もしかしてまた注意されてしまうのではという心理に陥り、なにをしても楽しくないという状態になっているなら別れるべきです。

常にダメ出しされ続けているとつい自分のことを過小評価してしまうという特徴が表れやすいですが、適切な選択をするためには一番大切なのが自分だということを忘れないようにしましょう。

友人に打ち明けた時「洗脳されてる」「モラハラ予備軍」と言われたら

最初はダメ出しばかりされて嫌だという感情があったのにだんだんそれが普通と思ってしまっていませんか?ちょっとした愚痴のつもりで友達に話した時に「それって洗脳じゃない?」「モラハラ予備軍かもよ」と言われたら驚くこともあるでしょう。

友達は自分や彼氏・彼女と距離がある分冷静に判断できるので友達の意見というのはとても貴重です。特に、この洗脳、モラハラ予備軍、というのは要注意の言葉です。ここで一度、洗脳、モラハラの定義、特徴を簡単に説明します。

まず、洗脳とは心理的、身体的に負担を与える暴力的な言動によって相手を支配し、自分の思い通りに動かせるようにすることを指します。洗脳の特徴として、この暴力的な言動には殴るぞ!などの直接的な言葉以外に相手のことを否定する、認めない、という心理的なストレスになる言葉も含まれるというところです。

次にモラハラとはモラルハラスメントの略で道徳や常識を利用して嫌がらせをすることです。

そんなのは常識外れだ、おかしい、などと自分の一方的な感覚をあたかも世間一般の感覚のように話し、相手を攻撃します。

実際に常識的かどうかではなく、そのような言い回しをする、というところが特徴的です。似たニュアンスの言葉に精神的DVというものがありますが、こちらは暴言を吐く、小さな事で必要以上に怒鳴る、などが該当しモラハラの特徴である常識を振りかざすという特徴は見られません。

普段から彼氏・彼女を否定ばかりしている人の言動の多くはモラハラの特徴に当てはまるため、話を聞いた友達にモラハラ予備軍と言われるのでしょう。また、そのことに違和感を覚えなくなっている様子は友達からはまるで洗脳されたかのように見えるのです。

エピソードを話したときにこれらの言葉が返ってくるようであれば事実を見直すチャンスです。モラハラ、洗脳の厄介な特徴の1つに時間がかかればかかるほど抜け出しにくくなるというものもあります。自分一人では難しい場合は信頼できる人に相談したりして早めに手を打ちましょう。

彼氏彼女に本音を伝えて話し合う

もし今すぐ別れるのに抵抗があるけど今の状況はつらい、という心理がある場合はまず話し合ってみましょう。彼氏・彼女にダメ出しばかりされるがどんなにつらいか、いちいち注意されるのがどれほどストレスになっているのか明確な言葉にして伝える必要があります。

ダメ出しばかりする彼氏・彼女の特徴として基本的に相手を見下しているという面があります。この特徴は言いたいことを言わないで我慢してしまう相手だとどんどんエスカレートしてしまいます。それをさせないためにはまず我慢せずに本音でどう感じているか話しましょう。

それで話し合いに応じないようであれば関係の改善は難しいでしょう。話し合いができるのであればお互いが納得するまでとことん話しましょう。もしかしたら今まで見えなかった相手の心理や注意せずにはいられない理由などを知ることができるかもしれません。

また、かなり根気のいる作業になりますが彼氏・彼女が何かをを否定することでしか自信を保てないという理由で否定的な態度をとっている場合、彼氏・彼女の心理状態を良くすることで態度が改善される可能性があります。

自分に自信を持てない人の心理には自信がある人に比べて自分を認めてほしい、ほめて欲しいという気持ちが多くあります。自信を持てない理由は様々考えられますが、例えば心理学用語でいうアダルトチルドレンという幼いころから年齢に釣り合わない心理面での成長を要求されていた場合や学校や職場で否定されることが多かった場合などが考えられます。

このような満たされなかった部分をあなたが満たしてあげることで心理的な発達が促され、態度が改善される可能性が考えられます。しかし、他人の心理に踏み込み変化を促すというのは責任と依存される危険性が伴うので誰にでもおすすめできることではありません。

まとめ

彼氏・彼女がダメ出しばかりしてくる理由や注意したがる心理、対処法について紹介しました。ダメ出しをしてくると一言で言ってもその特徴や心理には種類があります。

それぞれの特徴にあった対処をすることが必要ですが、対処しきれない場合や対処してまで一緒にいたくないと思うときには別れを選択するのも重要です。

彼氏・彼女だから、という理由ではなく一人の人間として一緒にいたいのかどうか冷静に判断しましょう。

-就活
-, ,

Copyright© 本気スイッチ , 2021 All Rights Reserved.