就活

マイペースに向いている仕事と向いていない仕事20選

マイペースは褒め言葉?

「マイペースだね」と言われたら、あなたはどう思いますか?「マイペース」と、言う側の考えと言われる側の受け止め方は、実は違う可能性があります。言われた人は「褒め言葉かな」と思う反面、不安な心理になる事がありませんか?

なぜ不安になるのか、またどんな時人は「マイペース」と感じるのか、様々な視点から「マイペース」を掘り下げて行きたいと思います。

そして「マイペース」な人ぬ向いている職業などもご紹介していきます。

意味と褒め言葉の例文

「マイペース」の意味は、「自分に合った方法・進度を指す和製英語です、近年では他人に影響されず、自らのやり方やペースを崩さない性格の人を言う時にも使用されています。
そこで、「マイペース」が誉め言葉として利用されている例文を、「良い印象」と「悪い印象」で分け、更に心理的な要素も加えながらご紹介していきます。

良い印象での誉め言葉

例文1)「〇〇さん、面白いですね。よくマイペースって言われません?」
心理的に、好意のある人に自分を覚えて貰うため、誉め言葉として使用するかも知れません。

例文2)「マイペースだけど、悪くないよね」
最初に不安にさせて、後で褒めるゲインロス効果です。誉め言葉で使う傾向があります。

参照元:https://successbeginstoday.org/topics/41

例文3)「あなたらしくマイペースで、進めてね」
落ち込んだりした時に言われたら、心理的には応援してくれている可能性が高いでしょう。

例文4)「○○ちゃんと居たら楽しい。そのマイペースさがいいかも」
マイペースが相手にとって、心理的に安心する存在と思われ誉め言葉の可能性があります。

例文5)「一人でどこでも行けるの?凄いね、マイペースだね」
自分の時間を大切にする自立した人という、褒め言葉の可能性があります。

※悪い印象での誉め言葉

例文1)「〇〇さん、面白いですね。よくマイペースって言われません?」
同性同士の場合は「マイペース=イライラする」気持ちを、表現しているかもしれません。

例文2)「マイペースな人には、向いていない仕事かもね」
仕事探しをして言われたら、心理的には誉め言葉ではなく、不快な印象かもしれません。

例文3)「君って、本当マイペースだよね」
心理的には「もう少し周りを見てね」と、思考や視野の狭さに言及しているかも知れません。

例文4)「マイペース過ぎて疲れる」
心理的には、行動がイライラして疲れると、言われているように感じ取れます。

例文5)「マイペースでうらやましい」
「何も考えなくて良いから」羨ましいと、心理的には嫌味な感情の傾向があります。

長所

マイペースな人の長所は、自分自身をとても大切にしていることと、周りの雰囲気に流されず、意見を言えることです。

また、問題が発生したら時間を掛けて考え、解決を見出します。やりたいことがあれば、迷わず行動にうつせます。経験で得た価値観をしっかりと持っていて、他人の価値観に惑わされたりしないでしょう。お互いの個性を大切にしてくれる存在です。

しかし繊細な部分も持っていて、人を批判することや失敗をすると、心理的に落ち込みます。

自分の考えを押し付けることが苦手だからです。マイペースの人は、潜在的に自分を大切にして生きているので、仕事仲間や友達・家族も同じ気持ちで接します。

傷つけることや迷惑をかけることは、極力避けたいのです。また、マイペースな人の言動や行動が、いつのまにか相手に対して、「癒し」を与えられる存在になる可能性もあります。

短所

マイペースな人の短所は頑固で人の感情を上手く読み取れないことではないでしょうか。

長所である雰囲気に流されず意見を言えるのは、人や場所を選ばず話すと「空気を読めない」と言われる可能性があります。このことを「マイペース」と総称されてしまうケースが良くあります。

そのため「マイペース」と言われることが、「不安」要素になってしまうのです。「今嫌味言われたかも」と、心理的に悩む人も多いでしょう。また、考え方がしっかりしているので「アドバイス」を貰っても、プラスに動かず「価値観が違う」と考えマイナスへ動き、向いていない仕事と誤った判断をして職業を変えてしまう可能背もあります。

頑固な部分が、不快な感情を人に与え「マイペース」と言われる可能性もあります。そして、相手が心の中にズカズカと入ってくることを恐怖と感じます。それは「マイペース」な人の心には「恐怖心」があるからです。人と少し違う意見・行動は時に、冷たい視線を受けます。その視線を小さな頃から受けてきたため、「怖い」気持ちを抱えながら生活している可能があります。

マイペースには2種類ある!?

マイペースな人には明るくて元気な人もいれば、物静かでゆっくりの人もいます。そこで「積極的マイペース」と「消極的マイペース」に分けて、こちらではご紹介いたします。

積極的マイペース

「積極的」とは「自ら様々なことに進んで挑む」意味があります。マイペースでありながら、積極的ということは、「自分の考えを前向きにとらえ様々なことに、果敢にチャレンジする」人のことを言うのではないでしょうか。

「自信があるマイペースな人」ともいえるかもしれません。しかしユングの心理学に「人は誰にでも二面性がある」という考え方があります。会社でも、マイペースながら自信をもって発言をし、行動を移す際に実は、「失敗したらどうしよう」、「発言が見当違いのこと言ったらどうしよう」と、極端に「心配」する心理がでる可能性があります。

積極的マイペースの人は、単独行動に迷いや悩みは一切ありませんが、会社に勤めていると、「向いていない仕事ではないか」と不安の心理を抱えて生活している可能性があります。

消極的マイペース

「消極的」とは「自らあえて動いたりせず静かにしている」という意味があります。

消極的マイペースな人とは「目立つ行動は避けて、出来るだけ自分の世界を大切にする人」と言えるのではないでしょうか。そのため、職業等は限られ「向いていない仕事」を見つけては、転職を繰り返してしまう可能性があります。しかし、趣味や仲間と群れることなどは好きでは無く、1人で行動することが気楽と、考えています。

しかし「人は誰にでも二面性がある」とご説明した通り、単独で旅行に行ったり町に出掛けると、知らない人と凄く流暢に話したり、フレンドリーな雰囲気を出します。普段本当は「もう少し自分を理解してほしい」と願う気持ちが、自分を知らない世界に出掛けて、オープンにすることで「欲求」を満たす可能性があります。会社や友達との世界に帰ると消極的マイペースに戻り「安心」できる自分に戻ります。

参照元:http://www.j-phyco.com/category1/entry3.html

マイペースな人に向いている職業の種類

「自分に向いている仕事は何だろう」と、誰でも一度は悩んだことはないでしょうか。人は向いていない仕事を見つけるのは早いですが、向いている仕事をさがすことは難しいようです。ではマイペースな人に向いている仕事を、色々な角度から見てみたいと思います。

時間を気にしない仕事

時間を気にしない仕事とは、職業自体のことより心理的な角度から見ると、「マイペース」な人には向いている仕事が、見つかる可能性があります。それは、集中しやすい仕事です。
具体的に言うと、好きな分野を早めに見つけて、その仕事に従事するという形になります。例えば好きな職業は、美容関係で人を綺麗にするのが好き、となると美容師やメイクの仕事になります。その時間にかかる労力は退屈な時間では無く、自分の好きな仕事の為にスキルを磨く大切な時間に変わるからです。それは、心理的に時間を気にしないため、向いている仕事となります。

一人で作業する時間が多い

一人で作業する時間が多い職業は、マイペースな人には向いている仕事です。一般的な職業では必ず数人の人と、共に仕事を進めて行きます。しかし「マイペース」な人は仕事での対応や計画で「解決」を導くまでに、色々な方法を探します。それは一般的な方法とは違う可能性があります。その時仲間と仕事をしていたら、「解決」を導く為の時間を、待っていてはくれません。しかし一人作業が多い職業は、仲間に迷惑をかけることなくゆっくりと「解決」を導くことができ、安心して効率よい仕事ができる可能性があります。

自分の意見が反映される

自分の意見が反映される仕事は、向いている職業です。「マイペース」の人は、自分の意見をしっかりと持っています。過去の経験から、自分の考えで行動したことが、成功した可能性があるからです。小さな積み重ねが自信につながり、オリジナルの発想を持つことができた人もいるからです。しかし会社の中で、指示されるばかり・同じ仕事の繰り返しだと、心理的に「向いていない仕事」と実感し、退職したりします。意見が反映される職業は、本来中々ありません。そのため仕事での厳しい経験を乗り越えて、意見が反映される時には、活き活きと輝くでしょう。

クリエイティブさが求められる

マイペースな人には、クリエイティブさが求められるのも、向いている仕事です。マイペースな人は発想力が豊かな人が多いと言われています。「人と同じ」や「一生懸命」など人々が安心する心理に、余り興味がありません。自分の好きな世界を、大切にして共感してくれる人を嬉しく思います。共感してくれた人とも、それぞれの価値観を大切に生きています。発想を原点にする仕事は、マイペースな人にはおすすめの職業です。しかし作品や仕事を批判された場合、マイペースな人は、繊細な人が多い可能性があります。そのため大変落ち込みます。クリエイティブな仕事は、精神的な強さも必要となるでしょう。

マイペースな人に向いている仕事一覧

営業・セールス

営業職・セールスはマイペースな人に向いている仕事です。しかし営業職にはノルマや説得力のある会話など様々なスキルが必要となります。マイペースな人に向いている営業職をご紹介したいと思います。

そのなかでも飛び込み営業です。

マイペースな人に向いている仕事の可能性があります。近年も「飛び込み営業」は需要があり、一人で周り訪問しひたすら件数を重ねます。マイペースな人は会社での調和は苦手でも、見ず知らずの人に声を掛け、穏やかな雰囲気で話しを進めるのは、得意な可能性があります。理由はマイペースな人は人を尊重する気持ちが高いので、お客様の心を掴む褒め言葉を自然と作りだし、契約を重ねていける可能性があるからです。

一般事務職

一般事務は、多岐にわたる業務を任されます。マイペースな人には向いていない仕事の様に思えますが、少人数の事務所や個人などになると一人で一任されることもあります。するとマイペースな人にとっては、一任されることで責任を持ち、逆に時間通り計画的に行える可能性があります。仕事に慣れれば心理的には気を使わずに済み、自分のペースで出来るので、向いている仕事の可能性があります。

トラックドライバー

トラックドライバーの仕事は、荷物を時間通りに運ぶことが大前提となります。体調管理や運転センスなど向いていない仕事におもえますが、ドライバーは運ぶまでの間一人でいられます。渋滞などのイライラはありますが、工夫次第でマイペースな人が得意とする、自分の世界を楽しむことが出来る可能性があります。また一人で任された仕事に責任感を持つのがマイペースの人の意外な特徴です。運ぶエリアが同じであれば、ルートの最短距離を見つけるなど、長年のお客様と親しくなれれば、心理的に安心して仕事ができます。向いている仕事の1つではないでしょうか。

警察官

警察官の仕事も多岐にわたりますが、交番勤務など地域と密着した仕事は、マイペースの人に向いている仕事の可能性があります。仕事の流れが一定しており、心理的には安定して自分のペースを保ちつつ、マイペースな人が持つ「人を尊重する」気持ちを、管轄する地域で役立てることが出来るからです。

司書

司法書士は、仕事で関わる人や内容が比較的に固定しておりマイペースな人に向いている仕事の可能性があります。専門的な分野でじっくりとスキルを磨き、好きなことを仕事にするのは、心理的にストレスが軽減されます。また、財産や権利を守る仕事でもある為、「人を敬い、責任感を持って」仕事に従事し、時間を掛けてお客様と解決に導くのは、やりがいを感じる可能性があるでしょう。

データサイエンティスト

まとまっていないデータを多角的視点から分析して、企業等に役に立つデータにまとめる仕事は大変向いている仕事の可能性があります。「時間を掛けて解決策を導く」マイペースな人の長所に当てはまるからです。瞬時の解決を求められないのは、心理的に安定した状態で仕事にまい進できます。大変高度な職種ですが、好きな仕事を徹底的に勉強し、「集中力」をフルに活用できるデータサイエンティストの仕事は、簡単にはなれませんが、マイペースな人に向いている仕事の可能性があります。

プログラマー

長時間パソコンと向き合い「プログラム言語」を入力していく作業は、マイペースな人に向いている仕事の可能性があります。「言語」を覚える能力は忍耐に近く、言語を覚えること自体が苦にならないことが必須です。マイペースな人は、好きなことであれば時間は、あまり気になりません。集中力があるからです。もう一つ「発想力」が必要にもなりマイペースな人にはオリジナルの世界観があるので、技術を覚えてから「発想力」で「自分の意見を反映してくる」お仕事に繋がれば心理的に安定し、生きがいを持って生活できるでしょう。

研究職

答えが出ない仕事に近い研究職はマイペースな人に向いている仕事と言えます。人に左右されず興味を持ってじっくり取り組める、時間を忘れて好きな事にまい進出来る仕事は天職と言えるでしょう。しかし研究職にはチームがあります、様々な個性の人達を引っ張り、まとめ上げることは、マイペースの人には難しいかも知れません。研究に没頭するだけではなく、一般社会でも必要な協調性は、必要なため苦労することは多く、心理的には心痛しながらも研究の成果が出た時には、達成感を得られるでしょう。

教授

教授職はマイペースな人に大変向いている仕事です。教授になるまでには、研究していることや指導を受ける先生とのやり取りで、長期間繰り返し論文を作成していきます。しかし好きなことを研究し、更に指導する立場に立つことは、マイペースな人に「自分の時間」と「奉仕の時間」を持たせ、心理的には奉仕の喜びとバランスの良い心理状態を保ち続けることができるでしょうしかし、教授職にも派閥や学長になるまでの争いなど様々な人間模様があり、ストレスを抱えることもあるでしょう。

デザイナー

マイペースの人にとってデザイナーの仕事は、向いている仕事の1つですが、お客様との関係性が大切になります。アートの世界に思えますが自分の意見が全て通るわけではないでので、心理的にはストレスを抱えながらも、お客様との間で「完成した作品」は、宝物となるでしょう。しかし作成の際は個人で全て抱えて完成まで終わらせる事務所もあるので、職場関係のストレスは少なく心理的には負担がないでしょう。また、独立など困難な道のりを超えた先には、自分の意見が通りやすくなり、比較的ストレスが軽減され、マイペースな人が持つ発想力を発揮できる可能性が、高いでしょう。

農業

マイペースな人は、決められた場所・時間・仕事に従事するのは向いていない仕事のように思えますが、農業の仕事は自然が相手となり、時間や期間は同じようで同じではありません。そのため農業はマイペースな人には向いている仕事でしょう。人のチカラでは動かせない職業は、心理的に興味を持ちどうすれば解決するのか、大きな自然を相手に考えることは、マイペースな人に向いています。しかし季節関係なく、朝が早いなど厳しい環境もあります。興味があるか好きな分野であるかは、大切な動機となるので、気を付けましょう。

自営業・起業

マイペースな人に、自営業や・起業は比較的向いている仕事でしょう。マイペースな人の長所を活かせば、心理的には自分のしたいことが、可能になり楽しい日々を送れるでしょう。しかしどちらも一人では不可能なため、実現するまでには人との関わりが多く、心理的なストレスは高い可能性があります。また規模によっては一人で回せず、時間の管理や不規則な生活が続き、マイペースな人が苦手な「自己管理」が悪い方に出て、上手く軌道に乗らず苦境に立つこともあるかも知れません。

ライター

ライターの仕事は、マイペースな人に向いている仕事です。心理的には自己表現が出来る仕事なので、楽しんで務める事が出来るでしょう。しかし全く興味のない分野の記事を書き続けることは、ストレスにつながる可能性があります。就職の際には、出来る限り自分がどんな分野が好きか理解して、会社を探すことをおすすめします。また残業など時間管理が不可能なので、心理的に余裕が無くなる可能性もあります。そのためにも、マイペースな人には向いている仕事で、自分の発想を活かせる分野を探すことが大切になるでしょう。

コンサルタント

コンサルタントの仕事は、マイペースな人には比較的向いている仕事でしょう。企業や個人の事務所が抱える問題を分析し、解決に導くことは責務がありやりがいもあります。マイペースな人は、自分自身の考えをしっかり持っているので、企業に求められる解決策をしっかりと見つけることは、心理的に楽しいと感じるでしょう。しかし求められる解決時間は企業によって異なり、短期もあれば長期もあります。人間関係も上司から部下まで深くかかわる為、かなりのストレスを感じるでしょう。人を指導する・助ける事が好きなマイペースな人には向いている仕事の可能性が高いでしょう。

漁師

漁師の仕事は、朝が早く船に乗ります。マイペースな人に向いていない仕事に思えますが、海が好きで船も好きであれば、毎日の仕事のながれに変化は無いので、マイペースな人に向いている仕事でしょう。自然に囲まれて、のんびりと休日は過ごせます。慣れてくると生活は安定しマイペースな人には、心理的に豊かな心が育まれます。しかし漁師の仕事は単独ではない為、マイペースな人の頑固な部分が出ると住む町自体は広い社会では無い為、人付き合いが上手くいくか不安要素となる職業でしょう。

家事代行・料理代行・育児代行

代行業務は、マイペースな人に大変向いている仕事です。それぞれの得意分野で代行となると、一生懸命務めて、依頼者を喜ばせることが心理的に嬉しいと感じます。そして一番は「代行」であることの「責任」を理解しつつも、「代行」であることの安心感もあります。マイペースな人は、直接的な人との関りは得意ではありません。しかし「代行」であるからこそ、心理的に一生懸命勤めて業務終了という形が、さっぱりとして気持ちを楽にしてくれます。

アーティスト

マイペースな人には大変向いている仕事です。しかし売れると売れないとでは、大変厳しい世界のため、心理的には強い意志が必要となります。幸運などの非科学的なことも発生することもあり、マイペースな人には向いている仕事ですが、兼業しながら自身の作品を地道に作り、発表し批判も心理的に苦にならないことも、必要条件の一つとなるでしょう。しかし作品が認められれば、マイペースな人の「発想力」がいかんなく発揮され、人々を感動させ喜ばせる最高の向いている仕事となるでしょう。

Youtuber

ユーチューバーの仕事はマイペースな人に向いている仕事でしょう。「自己表現」の発信で見ている人を楽しませることは、心理的に、やりがいを感じられるでしょう。「発想力」が大切なので、日々どのような形で人に見て貰えるかを、考えることが必要です。それを仕事とすると心理的に苦しくなることもあるでしょう。また孤独な作業のため、社会的つながりが欲しくなる心理も生まれます。更に簡単に収入は得られないので、生活も心理的にもバランスを保つために、強さが必要となるでしょう。

介護ヘルパー

介護福祉士はマイペースな人に向いている仕事でしょう。介護者に、生活全般の援助の計画や、介護士の指導など多岐にわたりますが「介護者に、支援を行う」ことはマイペースな人が持つ、「人を尊重する」という気持ちに添っており、やりがいを感じることでしょう。ホームヘルパーの仕事は「介護者に、直接身体に触れて介助」します。そのため、マイペースな人が持つ「人を思いやる気持ち」が、介護者の安心感に繋がり良い関係を築けるでしょう。しかし、深夜の勤務や介護者とのやり取りには、体力と強い精神が必要になります。「人を支えたい」と思い気持ちを、強く持てる人には、向いている仕事になるでしょう。

マイペースな人に絶対向いていない仕事

翻訳家

多言語の文章などを日本語に訳す仕事の翻訳家は、マイペースの人には向いていない仕事の可能性があります。仕事では限られた期限に提出し、依頼が来るようになるまでは掛け持ちしながら生活し心理的に余裕がなく、落ち着かない日々が続く可能性があります。また訳すにあたり、日本語自体の語学力も大変重要です。日本語から他の言語に訳す場合も同じになり、様々な文化を知らなくてはいけません。海外を様々な角度から興味を持ち、文化を知ることは、マイペースの人には期限限定や多趣味の傾向は比較的少なく、向いていない仕事の可能性が高いでしょう。

官僚

国会の法律に基づいて日本国の様々な仕事を行う官僚は、マイペースの人には向いていない仕事の可能性があります。日々のハードワークに加え重責の続く仕事に、マイペースの人の心理的な状態は、バランスを崩す可能性がります。意見をまとめ調整をすることはバランス感覚に優れていなければならず、マイペースな人の頑固さが仕事でのストレスに影響すると、次々とくる業務に集中できなくなり、向いていない仕事の可能性があります。

コールセンター

コールセンターの仕事には、お客様の個性に迅速に対応しなければならず、ゆっくりと時間を掛けて解決方法を見つける、マイペースな人には向いていない仕事になるでしょう。電話には早急な対話力が必要ですが、マイペースな人に必要な考える時間を待てずクレームとなる可能性もあります。失敗や冷たい視線を受けた可能性のあるマイペースな人には、クレームは心理的に大変苦痛になり、向いていない仕事の可能性が高いでしょう。

警備員

人を守るために、迅速な対応や幅広い視野で瞬時に物事を把握することが大切で、沢山の人を誘導する時もあります。マイペースな人は解決を導く際に、時間を掛けることがあります。
迷っても瞬間に事故が起きてしまった場合、「後悔」だけではすまされない事態に発展してしまいます。様々な状況から、マイペースな人には瞬時に判断する仕事は心理的に、大きな不安や心配を持った状態で働くことになるので、向いていない仕事の可能性が高いでしょう。

受付付窓口業務

様々な受付業務がありますが、どの業務も人の顔を覚えることや迅速な対応が求められます。マイペースな人には、お客様が考えていることを素早く察して対応しなければいけないのは、向いていない仕事ではないでしょうか。時にマイペースな人=ゆっくりイメージもあるように、空気を読んで仕事しなければならないのは、心理的に苦痛を伴う可能性があるため、向いていない仕事の可能性が高いでしょう。

フリーランス

企業に属さず、スキルを高上させ自らの実力や才能を発揮して、仕事を個人で引き受けるフリーランスは、マイペースな人には、向いていない仕事の1つです。自由度は高いですが、責任やスケジュール管理は全て個人でする事になります。一度に数個の作業を行える技術は、ゆっくりと時間を掛けて物事に取り組む、マイペースな人には心理的に負担が多く、やりがいよりもストレスが多くなる可能性があり、向いていない仕事かも知れません。

商社

依頼者の希望に沿った商材を、世界中から探し、仕入れた物を依頼者のもとへ卸す仕事は、マイペースの人には向いていない仕事かも知れません。スキル向上を常に求められ、語学力や任された仕事には一定の決まりが無く、解決策が見つかるまで自ら考え行動しなければなりません。マイペースな人は、常に上を目指すことよりも、自分の生き方をどう楽しく過ごすかが重要になります。向上心を掲げると心理的に疲れてしまうからです。マイペースな人の価値観と少し離れたところにあるため、向いていない仕事の可能性が高いでしょう。

アパレル

服飾店で販売・在庫管理・品出しなどの仕事は、マイパースな人には向いていない仕事の可能性があります。一番難しいのは接客です。お客さまによっては「声を掛けないでほしい」と思う人もいます。しかしもし察することができず、どんどんお客様に声を掛けてしまうと、もうこのお店に行きたくないとまで思われてしまうかも知れません。「空気を読む」ことが非常に大事ですが、マイペースな人に常に希望することは心理的にかなりの負担になります。本人が気づかないうちに「クレーム」の対象になり、努力が報われず、向いていない仕事かもと悩むかもしれません。

小中学校の先生

小中学校の先生は、子供たちの学習・生活指導そして子供たちの心の成長をサポートし雑務もこなさなければいけません。近年は様々な家庭環境から小学校で抱える問題は、増え続けています。マイペースな人には、「奉仕」や「人を尊重する」気持ちはありますが、未発達の子供達の成長に関わるという重大な責務は、本人自体も「失敗」の恐怖や、過去の冷たい視線の経験から、向いていない仕事の1つかもしれません。心理的にも「怖い」気持ちが出てくる可能性があるので、向いていない仕事の可能性は高いかもしれません。

保育士

0歳から6歳まで預かる保育士の仕事は、マイペースの人に向いているように思えますが、子供を相手に体力が必要なこと、豊かな感情にペースがつかめず、非常にストレスを抱える可能性があります。しかし小さな子供たちの心に「共感できる」のは、マイペースな人が得意とする部分です。しかし共感だけでは勤まらないので、目指すまでの研修や勉強でしっかりと自身に向いているかを見極めることが大切になるでしょう。そこで向いている仕事か向いていない仕事か判断することも大切なきっかけになります。

マイペースを仕事に活かすコツ

マイペースな人に向いている仕事を見ていると共通する点があります。それは、仕事に集中する時間が長いことです。漁業やコンサルタントなどには例外的に時間が短い事もあります。

しかし「集中力」を維持できる仕事がほとんどではないでしょうか。しかしマイペースな人の集中力は、何故続くのでしょうか。それはマイペースな人の特徴的な部分が活きる最高の方法が理由だったのです。

人間の集中力は最大でも120分だそうです。しかしマイペースな人が長続きするのは、上手く休みを取り入れて短時間の集中を繰り返しているのです。

マイペースな人は、迷わず意見を話す・場所を選ばす話すことがありますが周囲にとっては、空気がよめない人だよねとなります。

しかしそのマイペースな行動が自分の脳を休ませて、長期の集中力を持続させている可能性があります。心理的には、知らないうちに自分のストレスを発散して、再度仕事へと稼働させる方法を身に着けていると考えられます。

マイペースを仕事に活かすコツは、今のまま自分らしく興味を持てる仕事に、まい進していくことが良いのではないでしょうか?
参照元:https://shuchi.php.co.jp/article/5219?

マイペースのマイナス評価をなくすには

マイペースの人には「集中力」・「発言力」がありますが、会社では「空気をよむ力」を大切にし、時にマイペースな人は「空気をよめず」悩み、結果向いてない仕事と勘違いをして、ストレスになる可能性があります。一般企業では、上下関係を大切にします。

しかし上下関係とは「役職員に合った会話力」ではないでしょうか。そこでも「発言力」より「会話力」が優先されることは、「自分には向いていない仕事」と間違った悩みを抱えてしまいます。更に仕事もお客様あっての仕事です。

そこでも「会話力」は必須となります。結果マイナス評価を無くす第一歩は、「会話力」をみがくことに他なりません。しかし突然マイペースな人に「会話力」を磨けと言われても、心理的には不安やストレスしか出ないかと思います。

そこで心理学に「傾聴技法」という方法があります。会話の相手に対して話している感情を理解して、感情を理解していることを相手にPRするのです。

もっと深い心理学の世界のお話ですが1つの手法として、相手が話している時は目をみて、うなずき聞いていますと表現しているだけでも、好感を持ってもらえます。始めの一歩として「会話力」の1つとして傾聴をお勧めします。

参照元:http://www.tcchp.com/?p=131

マイペースの活用例

マイペースの人は、様々な場面で心理的に人の心を「癒す」存在になります。職場によっては嫌味な感情を持たれ、傷付く事もあるかもしれません。しかし本来悪気はないため、信頼出来る人達に会えば、ムードメーカーとして華やぐこともあります。そんなマイペースな人の活用例をご案内します。

活用例

マイペースの人は、会話の中にある間を上手に使うことが難しい可能性があります。同僚でもお客様でも一瞬何も話さなくなった時、思わず間を埋めるために、「何か話さなくては」という心理が働き、慌ててしまう可能性があります。そんな時は、慌てずにマイペースの人らしく、ゆっくりと待つことをおすすめします。余りに時間が長ければ、「お話進めてもよろしかったですか?」と優しいトーンで相手を気使う言葉を掛けてみてください。同僚との会話で間があれば、空気をよめていない状態の可能性もあるので、相手が話していた内容を復唱することをおすすめします。「さっき話していた、美味しいお店教えて貰える?○○さんのおすすめなら行ってみたい」と言った感じです。少し褒め言葉になるので、マイペースな人らしく穏やかなトーンで、間を上手に使えば悪い印象を与えることはないでしょう。

ジョブホッパーにならないために自分の性格に合った仕事を選べ

自分に向いてない仕事だからと、職業を転々と繰り返していると、マイペースな人の長所が活かされず、心理的に自信も持てなくなります。自分がマイペースだなと思う理由はなんでしょうか?

もしこの疑問に当たったら是非一度立ち止まって、マイペースと言われることを、楽しみながら探求してみてください。「

マイペース」の長所・短所や向いている仕事・向いていない仕事もご紹介しましたが。身近にいる同僚や・会社の上司に「友達がマイペースです、〇〇さんはマイペースって、どんな印象をお持ちですか?」など間接的に、印象を聞いてみることもおすすめします。そこからヒントが見つかり、仕事で役立つ改善点があれば、信頼できる人に相談してみましょう。

少しずつ相手のペースに合わせられるように、自分の変化を成長に変えれば、新しい可能性を広げ自信になります。すると、向いてない仕事が減少し、何度も転職をしない落ち着いた生活を過ごせるかもしれません。

そしてマイペースと言われることを、「誉め言葉」として、少しだけ自信をもって生活できる第一歩となるでしょう。

-就活
-,

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.