就活

職場に馴染めない人の特徴と対処法

周りは楽しそうに仕事をしているのに、なんだか自分だけが職場に馴染めないと感じていませんか?職場に馴染めない人には、職場の人間関係が悪かったり、引っ込み思案な性格だったりと何かしらの特徴があります。自分だけが職場に馴染めないと感じている時は、まずは理由をはっきりさせると、改善する方法が見えてきます。職場に馴染んで、もっと仕事をやりやすくしませんか?

職場に馴染めない人の特徴

職場に馴染めない人というのは、共通する特徴を持っています。こういった特徴をひとつもしくは複数持っていることで自分だけ職場に馴染めない人と感じるような状況になってしまっているのです。どういった特徴を持っていると仕事に馴染めない人であると感じるようになるのでしょうか?

人見知り

自分だけ職場に馴染めない人なんだな…と感じているあなた。

職場に馴染めない人は、自分からコミュニケーションを取りに行かないという特徴を持っています。自分だけ職場に馴染めない人は、昔から人見知りな特徴を持つ人が多いです。自分から声をかけるのが苦手で、人から声をかけられるのを待っているだけになっていませんか?

自分からコミュニケーションを取りにいかないと、周りとの心の距離は縮まりません。

人見知りな特徴を持っていると、どうしても周りは声をかけていいのかどうか悩みます。

それでもぐいぐい声をかけて関わってくれる特徴を持つ人がいれば、なんとか職場に馴染むこともできます。でもそういう特徴を持つ人は、どこの職場にもいるとは限りません。

そうなると、やはり自分から声をかけていかなければ、どんどん声をかけにくい人という扱いになっていってしまいます。自分だけ職場に馴染めない人というのは、人見知りな特徴を持っているのです。

仕事ができない

自分だけ職場に馴染めない人は、仕事ができないという特徴を持っている場合もあります。これは、別に能力がないというわけではありません。ただ、自分の特徴に合う仕事ではないのです。

人には向き不向きというものがあります。例えば、先ほどの人見知りな人が営業職をしていたら、それは誰から見ても特徴的に不向きです。
やはり人付き合いが上手な人に比べると、仕事が出来ず、上司に叱られることが増えるでしょう。

そうなると「あいつは仕事ができない」という評価を下されてしまいます。そうなった時に、自信をなくしてしまい、周りとうまくコミュニケーションがとれなくなってしまったりするのです。

ただ、特徴が仕事と合っていないだけなのに、周りとはレベルが違うと感じざるを得なくなってしまうのです。人は自分に自信がない時、積極的に人と関わっていくことは難しくなるという特徴があります。

そうなると自分だけ職場に馴染めない人と感じざるを得ない状況になってしまうのです。自分の特徴をよく知らないで仕事を選んだことで、自分のすべてがダメというような感覚に陥ってしまったりするのです。

同僚に仕事の愚痴を言う

自分だけ職場に馴染めない人の特徴として、同僚に仕事の愚痴をやたらと言っているというのがあります。

例えば職場の同僚の悪口を言っていたり、口を開けば常に仕事の愚痴をもらしていたり、なんてことありませんか?愚痴を言うことも時には大切です。全く口にしないほうがいいというわけではありません。

でも、隣に座って仕事をしている人が、とにかく悪口や愚痴ばかり言っていたら、聞いているほうも疲れてしまいます。

そういったネガティブな特徴がたくさん出ていると、周りは少しずつ関わりたくないな…と距離をとるようになってしまいます。そうなると、ふと気づいたときには飲み会に自分だけ呼ばれていなかったり、ランチは自分以外の人で行っていたり、疎外されてしまっているような状況が生まれているのです。

自分だけ職場に馴染めない人は、口を開くと同僚に仕事の愚痴などネガティブなことばかり言っているという特徴を持っていることがあるのです。

マイペース

自分だけ職場に馴染めない人は、割とマイペースと言う特徴を持っています。周囲を気にせずに行動するので、どうしても周りと歩調が合わなくなってしまっていたりするのです。

例えば、周りは仕事が多くて残業になってしまっているのに、マイペースな特徴が災いして、気づかずにひとり定時で上がってしまった…なんてことありませんか?「お疲れさまでした~」と言う一言に、周りの冷ややかな視線が送られた経験ありませんか?

またマイペースな特徴ゆえに、守らなければならない期日を守れず、周りに迷惑をかけてしまっていたりしませんか?最初は笑って許してくれていても、そういったことが積もってくると、だんだん距離を置かれるようになってしまいます。

マイペースな特徴を持つ人は、良くも悪くも周りの変化に気が付くのがゆっくりです。だからこそ、気が付いたときには、どうしてだかみんなが距離を置いている、自分だけ職場に馴染めていない人であるかのような雰囲気が出来上がっているなんてことがあるのです。

プライドが高い

自分だけ職場に馴染めない人の中には、プライドが高いという特徴を持っている人もいます。仕事のミスを指摘すると、とたんに不機嫌になってしまったり、簡単な仕事を頼むと「そんなの別の人に頼んでください」と冷たく言い放ったりという特徴があります。

そういったプライドの高い言動を繰り返していると、周りからは扱いにくい人だと感じられ、距離を取られてしまいます。気がついたら自分の特徴のせいで孤立しているのです。

プライドの高い特徴を持つ人というのは、仕事だけでなく様々な面でプライドの高さを発揮します。例えば休憩時間にプライベートの話をして盛り上がったり、雑談で盛り上がったりしている時でも、高慢ちきな意見を言って場をしらけさせたりしてしまいます。

そうなると最低限の用事以外はしゃべりかけないようにしようと周りが離れるので、自分だけ職場に馴染めていない人になっていると悩む結果になってしまったりするのです。

職場環境が劣悪

自分だけ職場に馴染めない人は、実は自分の持つ特徴だけが原因とは限りません。

会社の方針がどうしても自分の信念と合わないという場合もあります。また、嫌な上司が居て、常にパワハラやセクハラが横行しているような状態だと、会社全体として全員が職場に馴染もうというような雰囲気になりづらくなる場合もあります。

この場合、おそらく「自分だけ職場に馴染めない人だな」と悩んでいる人は、あなただけではありません。きっとあなた以外の人も、話してみると「職場に馴染めない人になってるんだよね…」と思っているかもしれないのです。

やたらひとり発言力があって、その人に胡麻をすって気に入られていないと職場に居づらくされる、そういった場合は、なかなか職場に馴染むということ自体が困難になってきてしまうのです。

自分だけ職場に馴染めない人は、実は職場環境が劣悪という特徴があるのかもしれません。

職場に馴染めない新入社員の例

新入社員は仕事も覚えなければならないし、職場のメンバーの名前を覚えたり馴染む努力をしなければならなかったりと大変ですね。職場に馴染めない新入社員の例を見てみると、どういうことが欠けると自分だけ職場に馴染めないと悩むようになるのかが見えてきます。

内定式から疎外感を感じる

自分だけ職場に馴染めない人という感覚が、内定式の段階ですでにあったという場合もあります。新卒同士で集まって飲んだりしていても、なんとなく気が合う人がいないし、話していても価値観が違うということもあります。

自分は一所懸命に仕事への想いを語りたいのに、周りは出会いを探すことしか眼中にないような印象を受けたり。

逆に、仕方なく入った会社だけど、周りはやる気に満ち溢れていて、なんだか温度差を強く感じてしまったり。
そういうことがあると、どうしても最初から疎外感を感じ、自分だけ職場に馴染めない人であるという悩みが少しずつ膨らんでいくことになります。

それでもなんとかうまく自分を合わせて馴染んでいく人もいますが、中には半年経っても馴染めない人のままという場合もあります。

一年目から同僚との会話が減る

自分だけ職場に馴染めない人と感じる新入社員の中には、一年目からすでに同僚との会話が減ってしまっているなんてことがあります。新卒で職場に入ると、最初は大学時代のノリで周りと友達のようになりたいと距離を近づけようと頑張る人が多いです。

でも、そういう雰囲気の職場もありますが、中には人間関係がビジネスライクな職場もあります。また、社内政治があり、あの人についたほうが出世に有利だの、あの人の派閥に入ると大変な目に遭うだの自分で付き合う人を決められなくなったりもします。

付き合うべき人と付き合わないべき人を、人としての好みではなく、自分の出世のために選び取っていかなければならなくなるのです。それを割り切って出来てしまう人もいます。

でも、まだ新卒のうちはそういったビジネスライクな付き合い方が冷たく感じられ、自分だけ職場に馴染めない人であると感じるようになってしまいます。

職場に馴染めない中途採用者の例

中途採用で職場に入ると、すでに出来上がっている人間関係の中に入り込んでいくことになります。中途採用で職場に馴染むには、元々バランスの良い人間関係が築かれている職場であったり、自分自身が上手に入り込めるような特徴を持っている必要があります。

そうでないと、自分だけ職場に馴染めない人と感じるような状況に陥ってしまったりもするものです。

どういう時に、自分だけ職場に馴染めない人になってしまうのでしょうか?

同期がいない

職場に馴染めない人の中でも、中途採用ですと、同期が居ない場合があります。職場において、同期の存在というのは心強いものです。多少同期はいるけど、頼れる同期がいない、なんてこともあります。

そういった一緒の立場で仕事の相談をしたり出来る人がいない状況と言うのは、とても不安になってしまうものです。また、仕事をしていて困ることや悩むことなんていうのはつきものです。そういった時に、頼れる人がいないと辛いのは安易に想像できる状況です。

新卒と違って、中途採用となると、そういった同期がいないがゆえに自分だけ職場に馴染めない人であると悩むような状況になるのが特徴です。頼りにできるような同期の存在と言うのは仕事をする上で、意外と重要なのです。

弱音を吐けない

自分だけ職場に馴染めない人であると悩む中途採用者というのは、弱音を吐けない状態に陥っている場合があります。中途採用というと、その能力と経験値を買われ、仕事が出来ることを前提として採用された人です。周りからも「あの人はすごく仕事が出来る人」という目で最初から見てくるのです。

でも実際は転職したてで右も左もわからなかったりもします。そういう時、同期ネットワークがあれば、一緒に弱音を吐き合って励まし合ってなんてことも可能です。しかし、残念ながらその弱音を吐く場がそもそもないのが中途採用者なのです。

転職をしたからには頑張らなければならない、弱音なんか吐いてはいけない。それに、弱音を吐いても「じゃあなんで転職したの?」なんて言われてしまう。そう思い込んでしまい弱音がはけなくなり、だんだん自分だけ職場に馴染めない人であると感じる場面が増えていくのです。

職場に馴染めない時の対処法

職場に馴染めない人だと悩んでいる時、いったいどうしたら職場に馴染めるようになるのでしょうか?職場に馴染めない人への有効な対処法はあるのでしょうか?

自分から話しかけていく

もし自分だけ職場に馴染めない人、それは自分が人見知りの特徴を持つからだと感じているのであれば、やはり方法はこれに尽きます。

でもそうはいっても、人見知りの特徴をもつ人にとって、自分から話しかけるというのは、言うは易し行うは難しです。

でもだからと言って、待っているだけでは状況は改善しません。人見知りという特徴は場慣れすることで改善が望めます。

いきなり、ベラベラ話しかけていくことは難しいでしょう。でも少しずつ積み重ねることで徐々に平気になっていきます。

まずは笑顔で挨拶から始めましょう。

おそらく今、挨拶は視線を合わせずにしているのではないでしょうか?今日だけ頑張ろうと決めて、その日は目を見て笑顔で挨拶してみましょう。

そうすることで「おはよう!あれ?今日なんかいいことあった?」なんて声をかけてくれる人が出てくるかもしれません。自分から話題が出なくても、挨拶がきっかけで話が始まることだってあります。まずは目を見て笑顔で挨拶です。

こういう積み重ねが自分だけ職場に馴染めない人という悩みから、あなたを解放してくれます。

自分の発言を振り返る

職場に馴染めない人であると感じるなら、自分の発言を振り返ることも大切です。もし自分から声はかけているけど、なんだか自分だけ馴染めないんだよね…という人は、その自分がかけている発言を少し振り返ってみましょう。

「あの上司は最悪だ」とか「こんな仕事したくない」とかネガティブな話ばかりしていませんか?ネガティブな発言をするのは相手に対しての親密さの表現だと感じている人もいます。でもネガティブな特徴を前面に出され続けるのは、相手にとってただ負担なだけです。

もし心当たりがあるのであれば、愚痴は少し封印して、もっと相手を楽しませられるような話をしてみませんか?くだらない話でもいいですし、休みに行く旅行の話など雑談でもいいのです。

愚痴が出そうなら、自分は黙って相手の愚痴を聞いてあげましょう。人の愚痴を聞くことで、自分の気持ちが代弁されてすっきるするときもあります。自分だけ職場に馴染めない人は、自分の発言を振り返ってみることも必要です。

自分に合っている仕事なのか考える

自分だけ職場に馴染めない人であると感じるなら、これまでの人生を振り返ってみましょう。あなたはどういった場面でも馴染むのに時間がかかる人だったでしょうか?

例えば学生時代にバイトをしていた時も、そうでしたか?高校の部活動でもそうでしたか?もしどこであっても職場に馴染めない人であったと感じるなら、それはやはりあなたの特徴から来るものです。

でもそうではなかった、今の職場に来てからだと思うなら、仕事もしくは職場があなたと合っていないのかもしれません。まずは仕事に絞ってみましょう。

その仕事はあなたのスキルや特徴に合っていますか?不得手なことをやろうとしていませんか?自分の特徴に合う仕事に転職することも一つです。

不得手なことをやって叱られ続けることで、あなたの自己肯定感はどんどん下がっていきます。そうなると自信を持って人と関わることが難しくなってしまいます。一度立ち止まって、よく考えてみましょう。

職場環境を変える

会社の方針がどうしても納得がいかない、周りと考えが合わない、ということから自分だけ職場に馴染めない人になっているあなた。そういう時は、職場の色々な人と話をしてみることをおすすめします。

職場には色々な考えの人がいます。あなたが見ているのは、まだ職場の一面かもしれません。

話してみると、その人の考えや疑問に感じている部分、特徴があなたと一致していたりするかもしれません。職場を一気に変えていくことは難しいですが、同じような志を持っている同志を見つけることで、職場を変えやすくなっていきます。

また同志が出来れば、自分だけ職場に馴染めない人という感覚は消えます。全然合わないと憤る前に、あらゆる人と話をしてみませんか?それでも、やっぱり誰とも考えが合わないとなったら、別の道を考えたらいいのです。

自分で職場環境を変えることで、自分だけ職場に馴染めない人だなという感覚を改善することが可能です。

-就活

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.