生活

【臨床心理士監修】やる気が出ない原因と対処法。仕事・家事・勉強でやる気を起こす方法を伝授!

どうしてだろう、最近なんだか何もやる気が出ない。

  • 気になって見始めたドラマもどうでもいい気がしてしまう。
  • 仕事に行こうとしてもため息が出てしまう。
  • そういえば最近休みの日は寝てばかりだな…。

そんなやる気が出ない自分をどうにかしたいというあなた。

やる気を出すには、やる気が出ない理由を知ることからです。

理由を知って、あなたのやる気を出す方法を試してみましょう!

「やる気」って実際なに?

やる気は別の言い方をすると「モチベーション」になります。「仕事をするモチベーション」「モチベーションが上がらない」なんて日常で言ったりしていませんか?

やる気のもとは「自分はその行動を最後まで遂行することが出来る」という自分に対する自信です。

例えば、苦手な仕事を任されたとき、なかなか腰が上がらないことってありませんか?

もしくは仕事があまりにも山積みになってしまっている時、終わる気がしなくて全く集中力が続かないなんてことありませんか?

つまり「これは自分なら最後までやれそう」という見通しが立つことが、「やる気」と呼ばれるエネルギーになっていくのです。

やる気が出ない時があるのはなぜ?

そうは言っても、特に何か思い当たることがないのにやる気が出ないなんてこともありますよね。

どうしてやる気が出ない時があるのでしょうか?どういった時にやる気が出なくなるのでしょうか?

やる気が出ないしだるい

やる気が出ないだけでなく、体もなんだかだるいな…とゴロゴロしてしまうことありませんか?なんとなく頭が痛い、なんとなく体が重い。集中力も続かない。

もし、今あなたがそういう状態なのであれば、少し今の自分の気持ちをよく見てみましょう。

ゴロゴロしていて、気持ちはリラックス出来ていますか?逆に焦る気持ちがありませんか?

「こんなことしてていいのか?」と不安になっていませんか?

もしなんとなく不安な感じがして、ゴロゴロしてても気持ちが落ち着かない、集中も続かない。

そんな時、実は本当はやるべきことをやりきる自信がないのです。「だるいから出来ない」と自分に言い訳をしている状態なのです。

やる気が出ない理由はうつ?

やる気が出ないという時、うつなのでは?と思うこともあるかと思います。

もし、やる気が出ないだけでなく眠れない、食欲もない、好きなこともやる気が出ない、イライラするなんていうことがあれば、一度専門家に診てもらうこともひとつの改善策です。

やる気が出ないからと言って、必ずうつであるということはありません。でもやる気が出ない、続かない時というのは、少なからず心のエネルギーが低下している状態と言えます。

仕事がハードすぎたり、辛い現実を突きつけられるなど強いストレスがかかった時、人はじわじわと心のエネルギーを奪われ、やる気が出ないということがあります。

また、周りから注意されることが多すぎて、「自分はダメな人間だ」と感じることで、やる気が一気に低下し、うつ状態になることがあります。

自分としては一所懸命にやっているつもりなのに、うっかりミスを多発してしまう。

周りのあきれ顔を見るたびに「自分が出来ない人間だ」という想いが募ってしまう。それはもしかしたらあなたの発達に凸凹があるからかもしれません。

やる気が全く出なくなり、集中力も続かないので、うつかもしれないと思って病院へ行ってみた。

すると、実は発達障害を背景に持っていたことがわかるということは意外とあります。

やる気が出ない時は栄養不足?

一見やる気と栄養不足は関係ないように見えます。でも体と心は連動することを知っていますか?

栄養不足により体の調子を崩していると、心も調子を崩し、やる気が出ない状態になります。

適当に手早く食べられるからと、丼物や麺類ばかりを食べていませんか?炭水化物は、素早くお腹を膨らし、頭をすっきりさせる効果があります。でもその効果は続かないのです。

一時的に活性化した脳が、一気に鈍り、「やる気が出ないなあ」という状態になってしまうのです。

特に何があったわけでもないのに、なんだかやる気が出てこないなあという時は、少し食生活を見直して見ることも改善策のひとつなのです。

やる気を出す方法として、栄養バランスに目を向けるというのはいい方法です。

やる気が出ない・続かない時の改善策

あなたのやる気が出ない原因が見えてきましたか?では、やる気が出ない・続かない時の改善策はどのようなものがあるのでしょうか?

仕事

最近、仕事がどうしてもやる気になれないというあなた。集中力も続かないですよね。もしかすると、あなたは仕事に疲れてしまっているのかもしれません。ちゃんと休むことが出来ていますか?休みの日も仕事をしなければならないほど仕事に追われていたりすると、燃え尽き症候群と呼ばれる一気にエネルギー切れを起こしてしまったような状態になってしまいます。

また今やっている仕事はあなたがやりたかった仕事なのでしょうか?人はやりたくない仕事に対しては、やる気が続かないものです。最初はどうにか気持ちをのせて頑張っていても、徐々に無理が出てきてしまいます。

もし仕事に対してやる気が出ない時は、一度思い切って休んでみるのがおすすめの改善策です。やる気を出す方法として、一日でいいので、休みましょう。その時に大切なのが、家でゴロゴロしないことです。外に出てコーヒーを飲んだり、おいしいものを食べたりしながら心を休めましょう。それがやる気を出す方法になります。

勉強

試験が迫ってきているのに、勉強が全く手につかない、10分と続かない。やる気が出ないというあなた。勉強が難しすぎてわからない、目標はあるけど先過ぎる、単調でつまらない、そういう時、勉強に対してのやる気は低下しやすくなります。

こういう場合の、やる気を出す方法としては、少し高め、そして割と近いところに目標をたてることです。目標の設定の仕方が、改善策となります。目の前にある少し努力することで越えられそうなハードルが、一番やる気を引き出します。

また勉強に関しては、自分でご褒美をぶらさげておくのも改善策として有効です。この点数に達したら好きな服をひとつ買おうとか、この順位以上を取れたら映画を見に行こうとか。やる気の改善には適切な目標設定とご褒美、これが有効な改善策なのです。

英語

英語を学びたい気持ちはあるけど、いまいちやる気が出ない。テキストを開いても続かない。おそらく英語をペラペラ話せる自分が想像つかない、または英語をペラペラ話せることで得られる具体的なメリットが想定できないのでしょう。

人はそれが必ず必要で、それが備わることで楽に生きられるとわかると、習得へのやる気が湧いてきます。

つまりやる気を出す方法としては、英語がないことで困るような環境にあえて身を投じてしまうことです。

例えば、思い切って海外に行ってみるとか、面白い映画をあえて字幕なしの英語で見てみるとか。

英語が必要、英語が身につくことでもっと楽しいと感じられれば、自ずとやる気が湧いてきます。

荒治療に見えますが、これが英語にやる気が出ない時の一番早い改善策です。

主婦・主夫

主婦や主夫の仕事というのは、毎日が単調で特に何の達成感もない仕事です。

例えば、たくさんの汚れた食器が全て綺麗に片付くと、その時は達成感を得られます。でもその達成感は続かないものです。

食事作りも、家族が「おいしいね!」と毎回褒めてくれるなら、やる気を保つことができます。

でも現実は、おいしくても、黙々と食べているだけで言葉にしてくれることは少なかったりもします。それではやる気が続かないですよね。

主婦や主夫のやる気を出す方法は、やはり褒められる体験が一番です。例えば頑張った日は、食事をSNSにアップして「上手!」と褒められてみるとか。

掃除を頑張ったら、友達を招いてみるとか。わざと褒めてもらえるようなシチュエーションを作って褒められることが改善策です。

育児

育児に対してやる気が出ない時と言うのは、たいてい疲れてしまっている時でしょう。朝から晩まで、家事をしながら育児に時間を割き、自分の時間がひとつもとれない…なんていう時に、育児へのやる気が低下していきます。

常に子どものことだけを考えなくては…という真面目で一所懸命な親ほど、育児へのやる気が一気に低下することがあります。親だってひとりの人間です。24時間仕事への集中力が続かないのと同じで、常に育児に全力というのは続かないものです。それは、心のエネルギーを非常に消費してしまうことなのです。

もし育児に対してやる気が出ない時は、一時保育を利用したり実家やパートナーの力を借りて、少しひとりの時間を作りましょう。アロマを使ったマッサージにでかけたり、映画を見に行ったり、美容室に行くのもいいでしょう。数時間でもひとりになってから、子どもと会うと、愛しさが増します。これは育児のやる気の有効な改善策です。やる気を出す方法として、あえてひとりになることは一番手早くエネルギー充電できます。

経営者

経営者としてやる気が出ない時、もしかしたら自信をなくしていませんか?これまでかなりの頑張りを重ねてきたことと思います。でもなかなか成果があらわれない。そうなると人は少しずつやる気を奪われていってしまうものです。

経営者としてのやる気を出す方法は、少し立ち止まって全体の見直しをすることです。今までのやり方で良かったのか、このまま続けることがいいのかやり方を変えるのがいいのか。また考える時、やる気が出ない状態では、ネガティブな考えに偏りがちになります。

経営者としてのやる気が出ない時は、同じように経営者をしている仲間と話をしましょう。客観的に見てもらうことで、実は成果がじわじわ出てきていることなど気づかなかったことに気づけるかもしれません。先の道筋を見通すことが一番の改善策です。

高齢者

高齢者がやる気が出ない時、それは心身どちらかからのシグナルかもしれません。高齢者というのは、これまで出来ていたことが少しずつ出来なくなってきたり、友人や親族が亡くなったりと何かと喪失が多い時期でもあります。喪失を重ねることで、知らず知らずのうちに抑うつ状態となっており、それがやる気の低下という形で出ている場合もあります。

また実際に体のどこかが具合が悪く、なんとなく色々なことに対して億劫に感じられるようになっている場合もあります。もし高齢者でやる気が出ないという時は、病院へ行くことをおすすめします。医療者と話すことで、体から来ることなのか、心から来ることなのかがわかります。もし喪失感が重なることからくるやる気の低下であれば、カウンセリングが有効な改善策です。人と話すことで、あなたの失われていない面に目を向けることが、やる気を出す方法になるのです。

やる気が出ない日

どうしてもやる気が出ない日ってありますよね。朝起きて、体が鉛のように動かない、ベッドから起き上がれない。そんな日は、とりあえず外へ朝食でも食べに出てみましょう。そしてもし休めるなら、一日お休みにして、ゆったりと過ごしましょう。無理をしても、すぐにガス欠となってしまい、続かないです。

どうしてもやる気が出ない日というのは、やはり心のエネルギーがすり減ってしまっている日です。まず心を休ませることが改善策なのです。やる気を出す方法としては、夜にアロママッサージをしてみたり、瞑想して見るのもいいでしょう。またやる気を出す方法としてお勧めなのは、夜の散歩です。運動することによって、何か心の中のもやもやしたものというのは、割と解消されます。あえて体を動かすことが改善策です。

やる気が出なくて眠い

やる気が出ない上に眠いなという時は、自分が眠れているかどうか考えてみましょう。もしこのところなんだか気持ちが落ち着かず眠れていないという時は、まず落ち着かない原因を解消しなければなりません。

自分がどうして眠れないのか考えるには、マインドフルネスがおすすめの改善策です。目を閉じて自分のことを思い返してみましょう。何か心にひっかかっていることはないか。無理に考えるのではなく、自然と頭に浮かんでくることを考えてみましょう。

やる気を出す方法として、自分のやる気が出ない原因を探るというのは有効です。もし解消できることであれば、解消できるよう働きかけましょう。自分では難しいという時は、カウンセリングに行ってみたり、そこまでせずとも友達と話をすることも有効な改善策です。眠れないからと言ってYOUTUBEなどを見ていると、睡眠の質が落ちてしまいます。また目先の楽しさは、一時的で続かないものです。

朝、どうしてもやる気が出ないという人もいます。家を出ればやる気が戻ってきて普通に生活できるけど、朝だけがどうしてもやる気になれず、いつもギリギリまでダラダラ過ごしてしまう。そういう人におすすめなやる気を出す方法は、朝ご飯をきちんととる習慣を付ける事です。

朝ご飯を抜いていたり、パンとコーヒーだけで済ませていたりする人は、割と朝にやる気が出てこないことが多くなりがちです。でもやる気が出ない朝に朝食を準備するなんて難しいと感じるかもしれません。改善策としておすすめなのは、週に1日ずつでも朝食を充実させることです。人は無理をすると続かないものです。無理のない範囲でやりましょう。

雨の日

雨の日はやる気が出ない、続かないんだよね…という人もいるかと思います。低気圧に傾くと実際に体調を崩す人は多いです。頭痛がしやすくなったり、なんとなくだるかったり。また雨の日は髪型がどうしても決まらない、服も濡れて不快感があるなどもやる気をそぐ原因となります。

やる気を出す方法としては、「明日は雨だな…」と思ったら、前日の夜は出来るだけリラックスしていい睡眠がとれるようにしましょう。改善策は、アロマを焚いたり、寝る前のスマホはやめて音楽を聴いて過ごしたり。そうすることで雨からの影響が少し弱まります。

また雨の日に使えるお気に入りのグッズを揃えておくことも改善策としては有効です。奮発していい傘を買ったり、おしゃれなレインブーツを新調したり。そうやって雨を不快なイベントにしないこと、そして情緒を出来るだけ安定させておくことで、雨に影響されずに済みます。雨でやる気が出なくなる人は、改善策よりも予防策を充実させるといいでしょう。

やる気が出ないし頭が痛い

やる気が出ないし頭も痛い、そんな時は危険信号がともっています。あなたは相当にお疲れでしょう。体だけでなく心も摩耗して、へとへとになっている状態です。

栄養不足、睡眠不足、ストレスは頭痛の原因となります。とはいえ、きっと今休めない状態なのでしょう。やる気が出ないだけでなく、頭痛など身体症状が出ている時は、病院へ行って医師に相談することがおすすめの改善策です。

病院に行くほどではないと感じるかもしれませんが、今行くことで早めに改善することが可能なのです。放っておくと、泥沼に入ってしまいかねません。やる気を出す方法を実践する前に、少し医療の力を借りて早めの対処を心がけましょう。

イライラする

やる気が出ないだけでなく、イライラしてしまう。そういう状態はどのくらい続いていますか?もしそういった状態が数週間にわたって続いているのであれば、うつ状態になってしまっているかもしれません。

でもそのイライラがまだそれほど長引いていないのであれば、休息とバランスの良い栄養が改善策となります。心が余裕を失うことで人はイライラします。やる気が出ないだけでなくイライラするということは、どこかキャパオーバーになってしまっている部分があるということです。

やる気を出す方法として、まずは数時間でもゆったりと過ごしましょう。それから、仕事の内容を少し見直し、やるべきこととやらなくてもいいことの優先順位をつけていきましょう。色々やろうと頑張りすぎているようです。整理をすることが改善策となるのです。

体が重くてだるい

体が重くてだるい時は、まずは体の調子を整えていくことがやる気の改善策となります。心の不具合が体にまで及んでいるような状態です。いい睡眠はとれていますか?仕事が忙しすぎませんか?食事は栄養バランスが取れていますか?

体の状態を整えるために、寝食は整えていく必要があります。ゆっくりお風呂につかったり、食事も出来るだけバランスを考えて、またゆっくり食べることをしていきましょう。体を元気にすることがやる気の改善策となります。

もし、体にいいことをしても、改善されない、もしくはいい状態が続かない時は、何か心に負荷がかかるようなことがあるかもしれません。やる気を出すには原因を知ることが大切です。ひとつひとつ原因を探ることがやる気を出す方法になるのです。

やる気と向き合い自分に合った方法でやる気を出せるようになりましょう♪

一口にやる気がないと言っても、色々な原因が潜んでいます。あなたのやる気が出ない原因は見えてきましたか?原因がわかれば、やる気を出すためにやるべき改善策は明白です。しっかりとやる気が出ない原因と向き合って、やる気を出す方法を実践し、やる気をどんどん湧かせましょう!

-生活
-

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.