就活

【第二新卒必見】横浜・みなとみらいの転職エージェントのおすすめ3選

いま横浜にて新しく仕事を始めようとする人が増えているです。

新卒で都内で働いていた人が第二新卒として横浜の企業に再就職するながれが出てきています。実はその理由として横浜にはある東京にはない魅力があるからです。

なぜなら横浜市が都内のビジネスマンを取り入れて活性化しようと様々な取り組みをしているからです。

そこで今回は横浜の転職を考えている人向けに横浜の転職を有利に進めていくための横浜特化の転職エージェントをまとめました。

 

 

横浜・みなとみらいで転職するメリット・デメリット

メリット

横浜・みなとみらいの企業に転職するメリットは都内より生活コストを下げられるだけでなく都内では埋まっていた上の役職に比較的簡単に就けるということです。

つまり、金銭面でいうと家賃や生活費などのコストを抑えられる一方、役職が上がることで年収が上がり可処分所得が増えるのです。

可処分所得とはあなたが稼いだお金から税金や社会保障費などの必要費用を引いた状態で自由に使えるお金のことを指します。またみなとみらいは平日でも休日でも騒音がなく人の流れも落ち着いていてとても過ごしやすいので人気地域の一つです。

お子さんが安心して遊べる場所があるので親御さんにとって育てやすい環境だと言われています。

また、都内に向かわなくて良いので暑苦しくストレスが溜まる満員電車や1時間越えの通勤時間とおさらばできるのです。

デメリット

横浜・みなとみらいの企業に転職するデメリットは大手と呼ばれるような有名企業が少ないことです。そのため、会社の規模やブランド力に固執している場合は都内の名だたる大手に転職をした方がベターです。

また、都内に用事がある場合は30分以上電車に乗る必要があります。もちろん横浜みなとみらいはデートスポットとして人気ですが毎日同じ景色を見るのは流石に飽きてしまいます。

横浜みなとみらいのおすすめ転職エージェント3つ

ツギナニスル

ツギナニスルは完全なる横浜の転職に特化した転職エージェントです。ツギナニスルの最大の特徴は紹介する企業を独自の判断基準で選んでいることです。その基準とは転職者を受け入れる教育体制が整っているか・転職者の臨むキャリアとライフバランスを実現できるかです。

そのため、面接では企業が転職者を面接するというよりは転職者が企業を見極める雰囲気が強くなります。

また、企業インタビューコラム「就活生が企業を逆面接してみた」が面白すぎると話題になっています。

 

[btn href="https://guchiking.com/tuginanisuru/" class="grad3"]ツギナニスルの詳細解説はこちら[/btn]

 

doda

dodaは横浜だけでも6316社の企業案件を有しています。膨大の数の転職先企業から自分に好みの条件にあったものが必ず見つかると思います。またdodaはES添削や企業の方から面接依頼が来るスカウト機能があるので転職を有利にすすめられます。

しかし、数が膨大な分本当に自分にあった企業を選べているのかはわかりません。入社してから想像していたものと違うとなる可能性があります。慎重に企業選びと情報収拾を行う必要があります。

企業を網羅的に知りたいなら無料登録しておくだけでも便利ですね。

Liiga

横浜みなとみらいでもハイレベルな企業に転職をしたいと考えているならLiiga(リーガ)に登録しておくべきでしょう。

Liigaは、主にコンサルタント、IT/WEB、メーカー、商社のうちハイレベルなベンチャーや大手企業を目指す転職者に使われています。Liigaの特徴は、毎週ケース面接がお題として与えられLiigaユーザー同士でその解答を競い合って自分のスコアを高めることです。そしてそのスコアが企業紹介するヘッドハンターから連絡が来るかどうかの一つの判断軸になります。

スコアが高ければ高いほどいい企業に紹介してくれます。私はLiigaで4回優勝しましたら、名だたる企業へ有利な紹介をしてくれるヘッドハンターから連絡がたくさんくるようになりました。

横浜みなとみらいには以外にもハイレベルなIT会社や日産、NRIなどの大手メーカやシンクタンクがあります。そちらの企業を狙いたいなら間違いなくLiigaを登録しておくのがベストでしょう。

-就活

Copyright© 本気スイッチ , 2019 All Rights Reserved.