花言葉

デュランタの花言葉と育て方・開花期を解説。デュランタレペンスの違いはある?

デュランタの基礎知識

学名Duranta repens
科・属名クマツヅラ科デュランタ属
英名Sky flower・Golden dew drop
原産地アメリカ・フロリダ地方~ブラジル
開花期6月~10月
花の色白,青,複色
別名ハリマツリ・タイワンレンギョウ

デュランタの種類

デュランタには原種含め3種類あります。

  • タカラヅカ
  • アルバ
  • ライム

それぞれの花の特徴を見て見ましょう。

デュランタタカラヅカはこんな感じに濃紫色を呈した花びらが特徴。鉢ものとして売られている場合が多い。

デュランタアルバの特徴は花の色が白で清潔感あふれる見た目です。

デュランタライムの特徴は花の色が黄色で蕾のままの状態の見た目です。

22

デュランタの花言葉

デュランタの花言葉は「あなたを見守る」「独りよがり」「歓迎」「目を引く容姿」の4つです。そしてデュランタレペンスの花言葉は愛の芽吹きです。

デュランタの花言葉の由来

デュランタという花の名前自体は16世紀に存在した植物学者「C.Duranta」が由来とされています。

デュランタの育て方

デュランタの育て方は栽培環境として日光が十分に当たるところにおきます。日光不足は花の咲き方が悪くなる原因にもなりますので要注意です。また庭植えするときは水はけの良い場所を選択しましょう。

鉢で育てる場合、鉢土の表面が乾いているように見えたら水を与えましょう。ただし、冬は乾燥気味の状態にして置く方が良いです。また、夏など旺盛に咲く時期はできるだけ毎日水をあげることがベストです。

そしてデュランタには肥料が必要で春から秋の成長期に緩効性の化成肥料を規定量置き肥する必要があります。夏にチッ素分の多い肥料を施すと、枝葉ばかり茂って花が咲きにくくなることがあります。

また、デュランタの天敵として害虫であるアブラムシが新芽付近にハダニが葉っぱの後ろ側にいることが多いです。かといって殺虫剤を使用しすぎるのは花によくないので適度に吹きかけましょう。

-花言葉

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.