花言葉

福寿草の花言葉は悲しき思い出・永久の幸福・幸せを招く。

福寿草の特徴と基礎情報

福寿草の花言葉

基礎知識

学名Adonis ramosa
科・属名キンポウゲ科フクジュソウ属
英名Amur Adonis
原産地日本・中国・シベリア・朝鮮半島
開花期2月〜3月
花の色黄色・オレンジ
別名元日草(ガンジツソウ)・朔日草(ツイタチソウ)

由来

福寿草の花の英語表記の名前の由来は古代ギリシャに出でくるイノシシに殺されてしまった美少年アドニスです。

日本表記の名前の由来は福寿草という感じからも分かる通り、幸福と長寿をもたらすという願いが込められたとこからきました。そのため、新年の祝い事の草として使われています。

福寿草の花言葉

福寿草は幸せを招く

幸せを招く

福寿草の花言葉に「幸せを招く」という意味があります。福という感じが含まれていることからも当然のように感じるかもしれませんが、大切な人に贈る花としては相手の幸せを願うのに最適なお花です。特に、親族や大好きな人が仕事や夢に向かって頑張っている時に応援する気持ちでプレゼントする人が多いです。

永久の幸福

福寿草の花言葉に「永久の幸福」という意味もあります。健康で末長く幸せでいてほしいという意味を込めて大切な人に贈る花としてはぴったりです。

悲しき思い出

福寿草の花言葉に良い意味もありましたが少しネガティブな意味もあります。それは、「悲しき思い出」という花言葉の意味があり、過去にあった悲しい出来事を忘れずきちんと向き合うことを示唆しています。大事な家族の旅たちや失恋など辛い思い出はあるけど自分自身で受け止め前を向こうというニュアンスでプレゼントすることができます。

-花言葉

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.