教育

大学受験の英熟語帳おすすめ5選。東大早慶合格者の使用レビュー付き

英語の入試で英単語はわかっているけど中々読めないと悩んでいる人は英熟語が勉強不足な可能性があります。

しかし、英熟語なんて動詞と前置詞の組み合わせで意味が変わるから覚えきれないですよね。

そこで、今回はそんな覚えにくい英熟語を現役東大早慶生がするっと覚えられる英熟語帳のおすすめを紹介します。

英熟語帳には2種類ある

実は世の中の英熟語帳には前置詞理解型と丸暗記型の2つのタイプの参考書があります。

前置詞理解型

熟語は基本的に動詞+前置詞の組み合わせで出ています。さらに、その熟語の意味は動詞の意味+前置詞のニュアンスでだいたい理解できます。

たとえば、「stand by〜」の熟語の意味に「〜を支える」があります。

これを要素分解するとstand「立つ」by「〜の近くに」で~の近くに立つということから、誰かのそばにいてあげる=支えるというように脳内変換をすることができます。このとき、byのニュアンスを知らないと熟語のイメージを想像することは難しいですよね。

そのため、前置詞のニュアンスを理解すれば、しらない熟語でも動詞と前置詞の構成に分解すればなんとなう意味を推測できるのです。

このタイプの勉強ができる英熟語帳が前置詞理解型と呼ばれるタイプです。

丸暗記型

英熟語帳の丸暗記型はその言葉通り、ひたすら熟語の意味を覚えていくことです。熟語の成り立ちを理解して意味を想像することができるならそれに越したことはないですが、必ずしも想像できる熟語が多いとは限りません。

たとえば、「stand by~」「~(約束などを)守る」という意味があります。たしかに、想像力がある人なら動詞と前置詞の組み合わせと分解して意味を推測できるかもしれません。

しかし、現実的にはその能力を身につけるにはある程度のセンスと努力が必要です。

そのため、推測し難い英熟語はまるっと覚えたほうが早いのです。

-教育

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.