就活

陰口を言われる人の特徴とその対処法4選。原因は見た目が悪いのか性格が悪いのか

あなたは今現在陰口を言われていますか?

実は陰口を言われる人にはある共通の理由があります。

もしかして、その理由は自分の見た目が悪い・性格が悪いからとは思っていませんか?

陰口を言われる人の特徴はネガティブなことよりもむしろポジティブな場合が多いのです。

そのため、悪口を言われて気分が落ち込んでいたり悩んでいる人はもう安心してください。

この記事を読み終える頃には前向きな姿勢になっているでしょう。

陰口を言われる原因ははマイナスな要因にない
陰口を言われる人は嫉妬される能力を有している
陰口を言われる人の特徴は周りの環境が悪い

陰口を言われる原因は容姿が悪いからではない

よく陰口を言われたり悪口を言われる人は、自分の容姿が悪いことが原因であると思い込みがちです。

その理由は人は見た目(外見)で9割方判断されると言われており、外見の悪さが一番の悪口のネタになりやすいからという固定概念があるからです。

確かに陰口のネタには外見は性格といった身体的特徴はカッコウのネタです。

しかし、本質的には陰口を言われる原因は大きく分けて4つのタイプがあるのです。

陰口を言われる原因自分でコントロールできる自分でコントロールできない
自分に原因がある①外見・性格・言動など②優秀すぎる・価値観のズレなど相対的に幸福度が高い・不幸
他人に原因がある③優秀さなどプラス要因が鼻につく④生理的にうけつけない・悪口好き・性格悪い

そして主に陰口の原因として多いのが③、④なのです。

つまり、あなたの周りに非があってあなた自身に陰口を言われるようなマイナスな要員なんてあまり存在しないのです。

例えば、③版のように優秀さが鼻について陰口を言われる場合、周りが悪口を言う心理として嫉妬があるのです。

④の場合は単純にあなたが生理的に受け付けないか、周りの人の性格が悪く陰口を言うことでストレスや仲間意識を高めるような輩だというだけです。

陰口を言われる人の特徴とは?

  • 気が弱い人

元来、気が強い人や屈強な人は批判されづらいです。その理由は、陰口や悪口を言うと逆に言い返されてしまうからです。

逆に気が弱い人は、誰から何を言われても言い返せず黙っているだけなので陰口を言いやすいのです。

悪口を言う人の絶好のストレス発散の的にならないようにある程度は気を強く見せることも大切です。

  • 自分も他人の悪口をいっている人

他人の悪口をいっている人は、逆に自分も悪口を言われていると思った方がいいでしょう。

因果応報です。

たとえば、Aさんは嫌い、仕事ができなすぎると批判していた場合、陰口がAさんに伝わり今度はAさんがあなたの悪口や陰口を言うパターンになってしまいます。

人の陰口をいうなら自分も言われていると思った方がいいでしょう。

  • 友達が少なく集団の中で孤立している

集団の中で孤立している人は、陰口を言いやすいですよね。

何をいっても彼を守る人はいないので、トラブルになっても集団の方が有利と言う心理が働き悪口をいってしまいます。

また、集団の中で孤立している人はなにかと目立つ存在です。

普段とは異なる服装をしただけでも、ダサい・カッコつけてる・イキってるなどネガティブな意見が出やすい状況に陥ってしまいます、

  • 優秀な人・成績がいい人

優秀な人ほど周りから陰口を言われるケースが多いです。

これは、周りがただ単に嫉妬しているだけです。

あなたの職場にも仕事ができる人はいますよね。

その人の話題になった時必ず粗探しする人はいませんか?

自分と比較して客観的に負けていると思った場合、少しでも周りの人に自分の方がすごいと見せたいがために陰口をいって貶めようとする心理が働いています。

  • 職場で上司の立場にある人

上司はどうしても部下から反感を受ける立場です。

上司は部下を立場上命令をしたり評価をしたりしなければなりません。

上司の指示が部下の想定内なら問題はないのですが、想定外のもの(評価が思ったよりも低い・指示が多いなど)が多く部下から嫌われてしまいます。

この状況は避けられません。

陰口を言うのは女性特有?男性は直接悪口を言う場合が多い

男性は直接嫌いな人に面と向かって言いたいことを言います。

一方、女性の場合嫌いな人とは表面上仲良く接していても裏ではかなり陰口をいっているなんてケースも多いです。

A子とB子は、あんなにも仲が良かったのに実は影で悪口大会を開いている状況に遭遇したことはありませんか?

この理由として、「共通の話題を持つと親近感が湧き仲良くなりやすいという心理」が背後になります。

特に人の陰口は女性にとって一番の共通の話題になりやすいのです。

職場でのお昼休憩や飲み会で嫌いな「A子は仕事できなくない?」という言葉に端を発し、周りの女性陣も同意を示すことである種の仲間意識・一体感が生まれるのです。

つまり、女性にとって陰口はコミュニケーションの一つにすぎず、陰口を言う標的を傷つけて貶めようって気持ちはほとんどないと思います。

陰口を言われている気がする時の対処法

あなたが陰口を言われている気がすると感じている場合や、明らかに悪口を言われていると思える場合どのように対処しますか?

陰口を言われている気がする時の対処法は5つあります。

  1. 陰口を気にしないこと
  2. 陰口をいっている人と仲良くしてみること
  3. 陰口をいっている人に注意すること
  4. 陰口をいっている人や環境から離れること
  5. 周りの人の助けを求めること

陰口を言われている気がする時の対処法として陰口を気にしないことが効果的。

あの人は自分の悪口を影でコソコソ言いふらしているのではないかと不安になる時もあると思います。

不安になればなるほど他人がコソコソ話しているだけで、自分が悪口言われていると疑心暗鬼になってしまいます。

そこで、陰口を気にしないようになれるようにマインドチェンジをしてみましょう。

陰口のイメージをポジティブなものにしましょう。

まず悪口や陰口を言われたら勝ちです。陰口を言う人はあなたに嫉妬しているだけで悪口を言う人全てにあなたが勝っている証なのです。

そして、悪口を言われると運気がアップすると言われています。

悪口には負のオーラが纏っておりそれを発言する人の運気は下がりますが、一方で悪口を言われる側は悪口をいっている人の運気を吸い取りスピリチュアル的にも良いことだと言われています。

特に芸能界がいい例です。有名は人ほどアンチと呼ばれる人がいて悪口で叩かれています。

しかし、彼らはお金も仕事も充実しプライベートも悪口をいっている人の何十倍も幸福度が高いものですよね。

他の例として、悪口を言われるほどあなたは注目されており、皆から認知されているので職場においては思いがけないところでキャリアアップしたり営業の売り上げをあげることができます。

陰口を言う人と仲良くなること

あなたの陰口をいっているかもしれない人と仲良くすることは根本的な解決策なのです。

その理由は、お互いにすれ違いがあるかもしれないからです。

陰口を言う人は何かしら理由があってあなたの悪口をいっている場合が多いですよね。そのため、仲良くなりやんわりとなぜ自分が陰口言われているのか聞いてみるといいです。

すると、ありもしない理由だったり、誤解であったりと単純なケースから陰口へと発展している場合が多いのです。

最初は陰口を言われている側からすれば、なぜこんなやつにへりくだらなければいけないんだとストレスが溜まるかもしれません。

しかし、少し我慢すればいらぬ冷戦を避けることができます。特に職場で上司や同僚に陰口を言われてしまったら評価にも関わります。

心理学でいうと「好意の返報性の原理」が当てはまり、こちら側から好意や前向きな姿勢で接すると相手もその好意に気づき返してくれるという原則です。

陰口をいう人に直接注すること

陰口をいう人は、あなたが気が小さいからなにも言い返さないと思っているので好き勝手いっている可能性があります。

そのため、がつんと「陰口をやめてください。文句があるなら直接言えばどうですか?」と啖呵を切ってみてはいかがでしょうか?

すると、相手もびっくりしあなたが気が強い人だと認識するので陰口を言わなくなります。

陰口をいっている人や環境から離れること

陰口をいう人や環境は負のオーラしかありません。たとえあなたが注視しても、陰口を辞めず人の悪口ばかりいうならその環境から一刻も早く離れましょう。

職場で陰口を言われてどうしても精神的に耐えられないなら転職をして環境を変えてみてください。

いや、転職はできない。家内も子供も守らないといけないんだと思うなら休職をしてみるのもありです。

適応障害で給料ありで2ヶ月間休むことで、体も心も落ち着くでしょう。

体が資本なので体調くずしたら仕事すらできなくなるので体調をかならず最重要視しましょう。

周りの人に助けを求めましょう

あなた一人で陰口に悩んでいても心が荒んでしまいます。

そのため、悩み相談という形で周りの人に話を聞いてもらいましょう。

人間は人に話を聞いてもらえるだけでも脳が情報を整理し、安心する心理が働くのです。

また、もし可能なら周りの人を味方につけましょう。

孤立していると陰口を言われやすい特徴の一つですので仲間を作り助けを求めましょう。

-就活

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.