就活

朝方人間の特徴とは?仕事できる人の早起きする方法のまとめ

朝方人間という言葉をご存じでしょうか?

最近は「朝活」が流行っているけれど「なかなか起きられない!」「早起きする方法がわかれば仕事できるようになるかも?」と悩む人も多いかと思います。

今回は、仕事できる朝方人間の特徴、ほんとうに朝方人間は仕事できる人なのか?朝方人間のメリット・デメリット、早起きする方法についてまとめました。

仕事できる朝方人間の特徴

朝方人間という言葉は聞きなれませんね。

早起きができて、午前中の早い時間から集中して仕事できるという特徴を持った人のことを概して朝方人間と呼べると思います。

朝方人間というのは、もともと生まれながらに朝型の遺伝子として備わった特徴を持った人です。

朝方人間では、夜、眠りに落ちてから早い段階で深く眠ることができ、早くに目を醒ましやすいというような特徴があります。

そして他の人よりも、午前中に集中力が高くなりやすく、早い時間に仕事できる特徴があります。

朝方人間は仕事できるのか?

必ずしも朝方人間のほうが中型や夜型の人よりも仕事できるという訳ではありません。

中型、夜型の人でも自分にとってちょうどよい時間とタイミングがあれば仕事できるのです。

もし勤務している職場の始業時間が朝早い時間の提示であった場合、朝方人間の人にとってはとても仕事できる環境であるということです。

夜型の特徴を持つ人が無理に早起きする方法を駆使して活動することは、もともとの身体に備わっていた睡眠リズムの特徴を崩すことになります。結果として、睡眠時間が短くなったり、睡眠が浅くなったり。

そのせいで、これまでは仕事できるはずだったのに、集中力が低下し、肩凝りなどの身体の不調が生じます。

結果として、交通事故や医療事故などの業務中の重大な事故が生じる可能性があります。

ですから、無理に仕事できるようになるためと思い込んで、朝早く起きる方法を取り入れて、朝方人間になろうと思う必要はないのです。

朝方人間のメリット

「朝活」がとても人気ですね。

朝起きてカーテンを開き、日光を浴びながらゆっくりと寛ぎの時間を持てたら「今日も気分がいいなあ」と嬉しくなることでしょう。

朝活は何よりも、朝の時間を活用できるという特徴があります。

朝の時間を活かして、ジョギングや犬の散歩、体操を行うこともとても気分が晴れ渡ることでしょう。

朝露に濡れた庭の花は、また格別な美しさを放ちます。朝の空気は澄んでいますし、胸いっぱいに吸い込むことで眠っていたときに縮んでいた筋肉が大きく動き、身体のスタートのサインを呼び起こすことができます。

朝の涼しい時間帯に勉強や家事を済ませることは効率のアップに繋がり、1日のヤル気がアップします。地域によっては朝市が開催されていることもあるかもしれませんね。いつもよりお得に買い物ができれば嬉しい気持ちも倍増することでしょう。

嬉しいことがあれば、出勤してからも元気に仕事できるという特徴があると思います。

朝方人間のデメリット

朝方人間の特有のデメリットといえば、夕方に疲労がたまってくる可能性のあることと、夜の余暇時間が少なくなることでしょうか。

夜遅くの飲み会などは、他の人に比べたらつくなるという特徴があるかもしれません。

しかし、朝方人間だから悪いということは決してありません。前述したとおり、人間それぞれに朝方人間、夜型人間という特徴が生来備わっているのです。

それぞれの得意な、過ごしやすい特徴にあわせて過ごせば、仕事できるし何も問題がないのです。

高齢者はなぜ朝方人間になるのか

年齢を重ねると、早く起きる特徴が現れます。

かつて、高齢者の人たちの多くは、長い間朝早くに出勤して日の光を浴びる場所で生活してきました。日の光を浴びて過ごすことは、朝早く起きる方法のひとつです。彼らは、朝方人間や中型人間の環境で暮らすことが多かったという特徴があります。

これならもともと夜型人間だったとしても、長年の生活習慣であればもう特徴が修正され、朝早く起きる方法が身体に馴染んでいます。

さらに加齢に従い、夕方早くから眠くなり、早朝に覚醒するという特徴も出てきます。

最近では、夜型の環境で暮らしてきた高齢者も増加しており、その場合は加齢にともなって睡眠時間が短くなります。

つまり「早起きしたくないのに目が覚めてしまう」のです。この場合は「不眠」という症状になり、生活を送る上で支障が出ることもあるため注意が必要です。

睡眠不足が人間関係や、作業への集中力に影響するようならば、早めに病院を受診して医師に相談し治療をしましょう。

早起きする方法について説明する前に、無理に睡眠リズムを崩すとどういう問題が起こるかについて述べておきたいと思います。

睡眠リズムを変えることで起こる健康問題

もともと夜型人間であった人が、朝方人間になろうと無理をしてしまうのは良いことではありません。

例えば、飛行機に乗って海外に出掛けたときに、ほんの数時間の時差で体調を崩す人がいますね。

これを概日リズム障害といいます。

概実リズム障害は睡眠障害のひとつで、症状は自律神経障害、だるさ、集中力の低下などの特徴があります。

時差にもよりますが、完全に現地の時刻に身体を慣らすためには数日間から数週間がかかると言われています。

また、世界ではサマータイム(夏時間)の導入により、夜型人間の人に精神・身体面で悪い影響が出てしまっているという研究が数多く存在し、寿命にも関係しているといわれます。

日本睡眠学会も、サマータイムの導入には節電などの経済効果だけではなく、人々の健康にも重点をおくべきという意見を述べています。

早起きする方法とは睡眠リズムを維持すること

健康のためには早起きする方法に重点を置くのではなく、睡眠リズムを維持することが重要です。

睡眠リズムを維持していれば、いずれ自分に合った無理のない早起きする方法につながっていくことでしょう。

睡眠リズムを維持する方法4線

  1. 日中に光を浴びること
  2. 規則正しく食事をとること
  3. 継続して運動をすること
  4. 社会的関係とされているものを整える

4については、例えば人間関係や環境などのことをさします。

精神的な不安感やイライラした気持ちという心の中のものや、室内の照明などからだの外部のものは、睡眠を妨げたり、睡眠の質をさ下げることがあります。

人は生活していれば、必ず毎日に変化があり、どんにな仕事できる人でもときには怒りたくなることや泣きたくなることもあるかと思います。

そのような時こそ、少しでも心や自律神経を落ち着けて体を睡眠に誘っていくことも大切です。

早起きする方法=よい眠りにつくための工夫

  •  パジャマや寝具を変えて、気持ちよく眠れるようにしてみましょう。
  • 夜遅くはコーヒーや紅茶、煙草を避けて副交感神経を活性化させます。
  •  テレビやスマートフォンなどの強い光の刺激を避けます。視覚からできる、早起きする方法です。
  •  入浴やマッサージ、ストレッチ、瞑想など、自分に合った方法をみつけてリラックスをして過ごします。早起きする方法は、自律神経の高まり抑えることがポイントです。
  •  アロマの活用をしてみます。ラベンダーなどのリラックス効果のある香りを活用することは、自律神経を穏やかにして早起きする方法です。心が落ち着ける色の活用をすることも早起きする方法となります。カラーセラピーの活用ですね

まとめ

まずは無理して朝早く起きる方法を必死に探すのではなく、睡眠リズムを整えることに重点をおいてみませんか?

無理やり個人の睡眠リズムの特徴を変化させることはかえって不健康になります。

睡眠リズムを整えることは、自分の特徴を活かしながらも、いずれ朝の寝覚めがよくなり、自然と朝早く起きる方法が導かれ、午前中に集中して仕事できる人になれるのです。

-就活

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.