就活

学校や職場で悪い噂が流れてしまう原因と対処法

なぜか職場で自分の悪い噂が流れてしまった経験はありませんか?

実は悪い噂が流れる原因には同僚の嫉妬がほとんどです。

そこで会社でいわれもない悪評が流れる原因をいくつか紹介し、明日からすぐに実戦できる対処法も合わせてご紹介します。

悪い噂が立つ理由

学校や職場のコミュニティに属していると、自分は何も悪いことはしていないにも関わらず一方的に陰口や悪口を言われる経験があると思います。

もちろん、何か事件を起こしたのなら理由はわかりますが大抵の場合は悪口を言われる原因に覚えがありませんよね。

実は悪い噂が立つ理由はあなたの周りの人からの嫉妬が原因です。

つまり悪い噂が立つメカニズムは、周囲の誰かがあなたの能力や成績を羨ましく思う一方快く思わないで蹴落とそうとする心理が働きます。すると、あなたを蹴落とそうとあの手この手で悪口をいって株を下げようとするのです。

人はイメージで物事を判断するので悪い評判の人にはネガティブな印象を抱いてしまいます。

あなたの悪い噂を流すことであなたのブランドを下げることに成功するだけでなく噂を広めた本人は優越感を抱いています。

また、悪い噂というのは良い噂より広まるスピードが早いのです。その理由は人は人の幸せ話より不幸話を好む性質があり悪口が好物だからです。誰かの悪口を別の誰かに共有して話のネタとして盛り上がりたい心理が働くので爆発的に悪い噂は広まります。

また人は誤認知するフォールスメモリという心理により、実際に悪口のターゲットが悪いことをしていなくても噂により確かに悪人そうな雰囲気だと思い込んでしまいます。

根も葉もない噂を流された時の対処法

学校や職場で根も葉もない噂を剥がされた時の対処法は大きく分けて2つあります。

[list class="ol-circle li-mainbdr main-bc-before"]

  1. 何もしないで我慢
  2. 周りに噂元を尋ねる

[/list]

まず職場で自分の悪い噂が流された場合何もしないことがベストな対処法です。

なぜなら人の噂は七十五日ということわざがあるように噂はすぐに収まります。

逆にその噂にたいして釈明したりふてくされた態度をしてしまうと周りから悪い噂通りの人と認知されてしまいます。

そのため、大人しく職場での陰口に耐えながら職務を全うするしかありません。

もちろん、悪い噂が立っている時ほど周りからの視線や態度に過敏に反応してしまい何気ない言動にすら自分を攻撃しているのだと勘違いしてしまうほど精神がきついです。

どうしても噂がなかなか消えない場合は噂の発祥の元を辿るのも有効です。

まずは信頼できる学校や職場の人に自分の悪い噂を誰に聞いたかを問いただします。するといろんな人の名前が上がると思います。そしてまた上がった名前の人たちに同じ質問をします。

これを繰り返すと最後にはだいたい同じ人の名前が出てくると思います。それが噂のを流した犯人です。

そして犯人を見つけたらその噂をなぜ流したのか、もうやめてほしいとお願いしましょう。この時録音をしておくことがポイントです。

それでも悪口をいうことをやめてほしいと忠告したのにも関わらずいじめてくるようであれば学内や社内のホットラインに証拠の録音を持って訴えましょう。

こと時毅然とした態度で悪口を言われた事実だけ(私的感情は絶対に込めない)を淡々と説明し悪い噂の根本を立つ行動をするのです。

この方法は私の体験上精神力と体力をかなり持っていかれます。

 

-就活

Copyright© 本気スイッチ , 2020 All Rights Reserved.