おすすめ第二新卒の転職エージェント

仕事ができる人の特徴・性格。仕事がうまくいかなくてイライラしないコツ

仕事ができる人の特徴とは、どのような性格なのでしょうか。「仕事ができる人」=「頭が良い人」という印象は、皆さんすぐに浮かぶと思います。では「性格は」と聞かれると、具体的に「優しい」など直ぐには浮かばない可能性があります。それは「仕事ができる人」を外側から見た印象や、実績や結果を出した行動で、判断している可能性があるからです。では実際はどんな性格なのか、これから心理的な見方もふまえて、ご紹介していきます。

真面目だけど面白い

仕事の種類は何百種とあります。

ただし、職種に関係なく仕事のできる人に共通するのは、担当する仕事に誠実に取り組み、お客さまに信頼してもらえることです。

しかし、仕事のみ誠実に続けているだけでは、お客さまのハートを掴むことはできません。
その結果、お客様から契約を解約されるかもしれません。

大事なことは、誠実でありつつ、ユーモアにも溢れた会話でお客さまの気持ちを離さない、程よい真面目が仕事ができる人の特徴といえます。

また、精神的にも気を張り詰めない方が自身の負担を軽減できるでしょう。

心配性

実は仕事ができる人には、心配症の性格は多いでしょう。

仕事は多岐にわたり解決を導くまでに明確な行動を把握できる人は、なかなか頭のキレる、ごく一部の人です。

「この選択でよいか?」と、心配しながら行動しなければならないのです。

その結果、試行錯誤しながら良い結果を生むという繰り返しがつづきます。

心配性はこのように良い面もありますが、実際は心理的に、「不安」を抱えることにもなります。

切り替えが早い

仕事には「心配事」は常にあり、毎日抱えていては心理的に負担が多く、精神のバランスを崩してしまいます。

マイナスの感情を抱えた時、切り替えが早い性格だと、好きなお酒を飲んでリラックスしたり、忘れるのが早かったりすると、心理的に大きな負担がかかりません。

正確にはマイナス感情を早めに、捨ててしまう事ができる人が仕事ができる人といえます。

仕事に関する指導はきつい

仕事ができる人は性格がきつい、と言われる確率は高いようです。

部下や上司に対して柔らかい態度で接しているだけでは、チームでの仕事など進めません。

性格がきついのは、裏を返すと責任感が強いということに繋がります。

時に悪意のある「きつい性格者」もいますが、部下となった人たちが良い成長を遂げている場合は、誠意をもって人を見る、責任感のある人といえるでしょう。

二重人格

圧倒的に仕事ができる人は、二重人格の可能性が高いです。

「冷淡」であり「柔軟」である、相反する性格が均等に備わっていることが、問題解決能力に比例しているからです。

例えば厳しい判断を迫られた時、決断できる勇気が1つだけの性格では、負担が大きいですが2つの性格を使えば、本人は正しい決断だったと結果的に思え、負担が軽減されるからです。

仕事ができない人の性格

仕事ができない人はどんな人かを尋ねると「性格がだらしない」や「悪口ばっかりで性格良くない」と見た目や結果での印象では無く、しっかりと性格が出てくることがあります。

aこれは心理学者ユングの「コンプレックス理論」に近い、人間の心理的な考え方が反映されています。

それは仕事ができない人へ対する不愉快な部分が、「自分の劣等感を刺激する人」の可能性が高いからです。

仕事ができない人を見て、「人の外見ばっかり言って性格悪い」と思う反面、「自分は外見を言われるのが嫌なのかも」と感じるのです。

その為、仕事ができない人の性格は、具体的に出やすくなるのではないでしょうか。では仕事ができない人の性格をご紹介していきます。
(参照元:http://www.j-phyco.com/category1/entry2.html)

ナルシスト

仕事ができない人は自信は無いかも知れませんが、「自分が好きな人」は多いかも知れません。

1つの仕事を継続して努力できない可能性もあります。

継続して努力できないと、ナルシストがつながる理由は、自分のモチベーションが第一で「やる気が起きない」ことは何度言われても成長しないからです。

周囲への配慮も気にすることなく、働けるのは「ナルシスト」の一部が反映しているのではないでしょうか。

感情的

感情が一定しないのも、仕事ができない人の性格ではないでしょうか。

仕事で関わる人の言動に反応し、感情の波を上げ下げしていたら、心理的に不満がたまり、仕事に集中できなくなります。

しかし、コントロールすることは難しく、いつまでも頭の中で不満が消えず結果効率よく仕事をすることが、できない可能性があります。

優柔不断

仕事は、自分の意見を持たなければ、前に進めません。

従事するのは基本ですが、意見を求められたら、その場に必要な言葉を選ばなくてはなりません。

しかし、優柔不断で迷いの言葉が出たら、仕事にならない場合もあります。

これは仕事ができない人の特徴になります。

心理的に意見を言って、ばかにされたら怖いなど、不安な気持ちがあるかも知れません。

優しい

心から優しく、損得を考えずお客さまのことを考える、優しい人もいます。

その優しさが、仕事の人間関係で発揮されることは多大にあっても、仕事の成果として発揮されることが難しい可能性もあります。

ただ本人もその性格を理解して、会社の人材として安定して従事しているので、気にせずに今の生活を続け心理的にも、健やかな気持ちの可能性があります。

素直じゃない

仕事のやり方がわからず悩んでいる時に、素直に「分からないので教えていただけませんか?」と聞けず、結果仕事が遅くなる可能性があります。

またメモを取った方が良い場面で、メモを取らず指示に従わない人は、素直さに欠ける可能性があります。

人の話を聞き、素直になれないことは、自身の成長を妨げる可能性があります。

仕事ができる人とできない人の違い

「性格」とは、「親からの遺伝と産まれた後の環境の影響による、その人の感情・意志などの傾向」を表しています。

その視点から「仕事ができる人」「仕事ができない人」の違いとは、自己中心的である人か自己中心的ではない人かの違いが一番大きいでしょう。

自己中心的とは「自分と他人を区別することができず、自分の考え方以外、正確に理解して判断することができない性格」の人を言います。

良く「仕事ができない人」はと尋ねると「仕事が遅い・ミスを連続してする」などがあげられます。

その時「会社からお給料を貰い、だれの指示で仕事を任され、期日がいつか」という事までは考えませんが、その為に仕事をしなくてはいけないと、潜在的に理解して取り組みます。

しかし、自己中心的な人は締め切り日を確認して、できる限り作業を引き延ばしにします。

理由は、「仕事が面倒くさく、やりたくないから」です。

「会社と自分の立場は区別できておらず、上司から叱られても自分の考え方を変えることが無い性格」=自己中心的な人となります。

この性格こそ仕事ができる人と、できない人との大きな違いでは、ないでしょうか。
(参照元:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%AA%E5%B7%B1%E4%B8%AD%E5%BF%83%E6%80%A7)

仕事ができる女性の特徴

現代は、働く女性を支援する傾向にありまた、実際に働いている女性も活き活きと、生活しています。

そんな仕事ができる女性には、いくつか特徴があるので、ご紹介していきます。

精神的に強い

働く女性は、上役に昇進すればするほど、男性・女性に関わらずねたまれることが、多くなります。

心理的に陰口や人の評価に左右され、動揺する性格では、仕事が務まりません。

精神的に強く、ストレス発散を上手にして、仕事に集中できる女性でなければなりません。

部下の教育が上手い

仕事は一人ではできません。

限られた期限でチームに仕事の指導や、目標を明確にして達成しなければなりません。

そこでチームの人それぞれの個性に合わせて、言葉や感情を変えて的確に指導し、理解させまとめ上げるきめ細かい女性は、仕事ができる女性の特徴と言えるのではないでしょうか。

心理的に本人の負担は増えますが、乗り越えるとチームは軌道に乗るので、最終的には負担は軽くなります。

女性上司への心の壁を壊せる

近年女性の活躍は発展していますが、実際は男性の部下が、女性上司に壁を作ってしまうことは多くあるようです。

例えば、新規チームに選ばれなかった男性部下は、自分は嫌われているからではないか?と女性上司に対して、好き・嫌いという発想を出してきます。

しかし仕事ができる女性であれば、何故選ばれなかったかを聞かれたら、理論的に納得できる説明をし、部下を安心させます。

]個人の個性を理解して、次の仕事に支障を出さず、男性部下の心の壁のピンチをチャンスに変える機転が、出来る女性の特徴かと思われます。

女性らしさを忘れない

会社では、1人の人間として持っている才能や知識を、発揮することができます。

しかし時に女性は職場で、会社の雰囲気を穏やかにし、きめ細やかな心配りを発揮する事で、周囲の人の仕事の意欲につながる時があります。

嫌味なく職場の同性や異性の心を、励ませる能力がある女性も、仕事ができる女性の特徴ではないでしょうか。

生活習慣を乱さないよう心がけている

仕事ができる女性の生活習慣は、毎日のリズムが決まっている可能性があります。一番の理由は体調管理が大切だと理解しているからです。生活習慣の乱れで、ただただ突発で休むことは同僚に迷惑をかけることです。自身の評価にも影響します。人と仕事をする意味を理解していれば、おのずと自己管理能力が高い人に、仕事ができる女性が多いのが特徴です。

仕事ができる男性の特徴

仕事ができる男性には、どんな特徴があるのでしょうか。

様々な職種がある中で、どんな職場でも共通する仕事ができる人を、紹介したいと思います。

幼少期から大人までに積んだ失敗を教訓にできる

人は誰しも幼少期から失敗や成功を繰り返して、少しずつ自分を確立していきます。しかし失敗した時、それを教訓にできるかトラウマにしてしまうかで、大きな分かれ道ができます。
仕事ができる男性は、心理的に現在もトラウマを抱えながらも、自分の心と向き合い強くなることを望み、勉強をし続けられる人が、比較的多い可能性があります。

地頭いい人

もとから持っている頭のよさも、仕事ができる男性の中には、一定数いるかもしれません。

例えば会議中に、大学の勉強や経験値では無く、驚くような発想を出した人がいた時、何故その発想がでたのか不思議になります。

しかし思い付きでは無く「倫理的思考」も兼ね備えていれば、その思考も含めて地頭が良いのです。

それは生まれ持ったものであり、本人も心理的に気付かず、実は仕事ができると、周囲に思われている可能性がありあます。

素直に人の幸せを喜べる人

仕事でも家庭でも、関わる人達に幸せな出来事があったら「おめでとう」と、心から喜べる人は仕事ができる男性の特徴ではないでしょうか。

共感できる心理は、仕事でクライアントが何を望みどんな結果が欲しいか、読み取る力にもつながります。

どんな出来事も共感し、祝福できる素直な人には、仕事ができる男性の可能性があります。

次に必要な社会人勉強が理解できている人

近年、社会人になってからも自分のスキルを磨くために、仕事帰りや休日に勉強をしている人は沢山います。

しかし実際自分にその勉強が必要かどうか、判断できる人は少ないかも知れません。

職場の先輩が、勉強していたことを真似たとしても、その勉強が将来自身に必要かは分かりません。

仕事ができる男性は、周囲の流れに惑わされず、自分に必要なスキルを無駄なく選べる可能性があります。

仕事ができる人の見た目

仕事ができる人の見た目とは、どのような感じでしょうか。

ひとは皆違います。似た服を着ている人はいても、見た目は皆さん違います。

しかし、あ「あの人仕事出来そうだようね」など女性の会話で、理由もなく見た目だけで、出てくる会話があります。

そこには、どのような心理が隠されているのでしょうか。

自分ににあったスーツや小物を持っている

自分に似合った服や、小物を選ぶのは結構難しいものです。

例えば、男性女性のスーツにしても、何色が自分の顔に似合うとか靴はこのスーツとバランスが良いなど、スタイリストが居ない限りコーディネートは難しいのではないでしょうか?

しかしスーツや小物、私服も含めて、自分らしい服装をオシャレに着こなしている人は、会社に必ずいます。

そのセンスが、コーディネートが難しいと考えている人達には、自分をしっかり理解していると感じて、かっこいいと思え、仕事ができる人に思えるのではないでしょうか。

仕事ができる人のオーラは、清潔感そのもの

仕事ができる人のオーラは、清潔感がある事ではないでしょうか。

清潔にすることは気を付ければ、どんな人でもできます。

しかし仕事ができる人のオーラには、清潔感と言う漢字だけの意味では無く、雰囲気や言葉使いなど、本人ではなく周りが自然と感じる清潔感です。

例を出すと、スーパーのレジで長い行列ができても、見た目も清潔感があり、笑顔とスピードでお客さまを、「ありがとうございました」と気持ちよくお見送りできる人です。

その雰囲気は、お客さまが望むことと清潔感を兼ね備えた、仕事ができる人ではないでしょうか。

冷静で落ち着きがある

仕事ができる人に共通している一つに、落ち着いている方が多いのはないでしょうか。

常に慌てて汗をかきウロウロしている様子は、余り見た事がないでしょう。

その背景には、一日の計画が頭の中に整理されて、予定通りに動いているからだと思います。

慌てる理由が無いからです。突発で何か起きたとしても、その原因を探すために、慌てる時間をわざわざ作り無駄にしないことが、わかっているからではないでしょうか。

完璧な見た目を気にしない

スーツや小物など自分に合うものを知っている、仕事ができる人もいれば、見た目を気にせず仕事にまい進する、仕事ができる人もいるのではないしょうか。

周りからの評価や、噂など耳に入らず、芯から仕事に没頭して、心理的にも自分自身が満足のいく仕事を、やり遂げている仕事ができる人もいるはずです。

健康的な顔をしている

一般企業に勤める、仕事のできる人は健康的な見た目の人も、いるのではないでしょうか。

自己管理をして、食事や健康に気を付けて、職場や仕事仲間に迷惑をかけない心得を、もっていることが、見た目でわかります。

体調を管理することが、家庭においても仕事においても第一の、基本的なルールだと分かっている証拠だからです。

仕事ができる人の悩み

仕事ができる人には、どのような悩みがあるのでしょうか。

なんとなく仕事が順調な人は、ストレスもすくないイメージを持ってしまいます。

しかし実際は人間だれしも、ストレスは付き物です。そこでこちらでは、仕事ができる人の悩みを、ご紹介します。

完成イメージがコロコロ変わり周囲がついていけない

仕事ができる人は、お客さまが望む結果を、素早くイメージできる可能性があります。

しかし部下に伝える時に、具体的に言えず指示だけ出してしまうと、時に頭の中で結果のイメージが変わった場合、部下は指示されたことが変わりついていけない時があります。

何度もこれが繰り返されると、周囲はストレスが溜まり、部下が辞めたいと発言する可能性もあります。

イメージが具体化できないことは、心理的に悩みとなり結果自分でしてしまう人もいるかもしれません。

あらゆる判断を決めなければいけない時には嫌われる覚悟がいる

仕事ができる人は、上役に上ります。

しかしそこで部下の評価や、指導もおこなわなければいけません。

仕事ができる人に主観はありません。

しかし評価を見た部下の中には、もう少し評価されて良いはずだと、心で思います。

そこで、自分が嫌われているからなど、部下は間違った方向に物事を考える可能性もあります。

ゆがんだ気持ちを持たれることも、仕事ができる人には、心理的に負担となることもあるでしょう。

職場には仲間ができない

仕事ができる人も、普通の人です。会社に帰って落ち着いたら、何気ない会話もしたいですが、気軽に話せる仲間は、同じ部署にはいなくなります。

他部署ともかかわりが無ければ孤立しやすくなります。

抜きんでるということは、みんなと同じでは無くなります。

しかし心理的に寂しいなと思うことは、あるかもしれません。

指導的立場が本当は苦手

仕事ができる人は、本来自分で時間を管理して・完結したいタイプが多い可能性があります。

しかし会社では、できる人には必ず指導係が周り、部下がつきます。

しかし部下が、失敗続きだと本音は、イライラしてしまいます。

しかし仕事ができる人だからこそ、次の社員教育に必要な存在になるのです。

教育自体に興味がなくても、指導しなければいけず、自分の時間が削られることに、心理的疲労が蓄積される可能性があります。

気を使われることがストレス

仲間からも部下からも、仕事ができるという事だけで、気を使われます。

本人は仕事のスタンスが人と違うだけで、それ以外は何も変わらないのですが、切磋琢磨するような関係の仲間がいない限りは、気を使われれば使われるほど、逆に使われないように、心理的に行動してしまうかもしれません。

仕事がうまくいかない原因と対処法

職種にもよりますが、仕事がうまくいかない原因は、さまざまなことが重なり合っておこる可能性があります。こちらではその原因と対処法をご紹介します。

問題解決能力の違い

仕事がうまくいかない原因の中には、個人個人の問題可決能力に差があるからではないでしょうか。

例えばチームで仕事の内容を説明した時に、始めの説明である程度理解して仕事を進める人もいますが、中には自分がそこでどの役割を果たすか、言われるまで分からない人もいます。

それを上司が素早く見抜いて、個人に合わせて説明すると良いですが、そういう会社ばかりではありません。

すると進行に差が出てきます、次の会議で遅れた人はミスの指摘を受け、辛い思いをして余裕がない状態となり、自信を無くしていきます。

この違いをしっかり理解して、進行する上司はイライラするのではなく、時間管理と部下のサポートを細かくすることが、それぞれの個性を発揮できる方法かもしれません。

人間関係のトラブル

会社には様々な個性の人達がいます。その個性を活かすことが本当の理想ですが、中々難しいのが現実です。

それは誰一人として同じ価値観を持った人はおらず、さらに仕事というフィルターが通る限り、本当の価値観は見えにくいからではないでしょうか。

仕事が遅いで悪口を言われる、会社に文句を言ってばかりで性格が悪く思える、仕事のフィルターを外すと見えない物が、見えるかもしれませんが、難しい問題です。

人間関係のトラブルとは、消えることはない可能性があります。

しかし知的労働が、当たりまえの世界で、個人の個性を知りまとめ上げる部署は大切になります。

大まかな人事部ではなく、個人の知的財産を活かすための分析と資料を作り、なるべくトラブルを起こさない相性の人達とスムーズに仕事ができるチームを提案できる、そういった部署がこの先必要になるのではないでしょうか。

そして今できる事は、仕事の結果ではなく経過を、上司が個人的に見守る事が第一となるのではないでしょうか。

コミュニケーション能力の差

大手企業になるとさまざまな部署があります。

また個人事務所にもさまざまな部署があります。

そこには仕事ができる人・仕事ができない人もさまざまな人がいます。仕事ができない人の、一番の原因はコミュケーションの能力が、比較的低いことです。

実は会社にとってそれだけの理由で仕事ができない人と決めつけ、粗雑に扱うことは本人の知的能力を下げるだけになります。

例えば、面倒でやりたくない仕事を説明する時に、コミュニケーション能力の高い人に説明すると、心理的には嫌でも、上司の前では良い反応をしてくれます。

しかしコミュニケーション能力の低い人は、反応があまり良くないかも知れません。

そこで反応の良い人に頼んでみましたが、結果が良好では無かったかも知れません。

実は反応が悪かった人が、得意いとしていたかもしれないからです。

コミュニケーション能力の差で仕事の能力を決めるのは、依頼した側の心理であり、仕事とは関係ない時がある可能性があります。

そこを見抜く力を上司となる人達が、これから持つべき大切な仕事の1つかもしれません。